使っているスペースより空いているスペースの方が多い
本棚って本を納めるために作られているはずなのに、どうも思い通りに収納できない。所有している本が多すぎるの?片付けるのが下手なの?と悩んでいる人も多いはず。

実は、本が片付かない最大の原因は本棚にあるのです。でも、本棚を買い換える必要はありません。
本の並べ方を工夫すれば、今使っている本棚が2倍の収納力を発揮してくれるのです。

ヒントはシークレットブーツ

横に寝かせる本のサイズと高さを揃えるのがコツ
前後2列に並べると奥の本が見えない。そんな悩みを解決するためのヒントがシークレットブーツ。

つまり、奥にある本の背が高く見えれば良いのです。そんな時にありがたいのは、あまり必要はないけれど捨てられない本達。これらの本を横に寝かせて、その上に本を並べればご覧の通り、棚板の高さまで背が伸びました。

本は、読み返したり資料として使う頻度で大まかに仕分けをして、奥に立てて並べる本については、頻度の低いモノにします。

前後の2列収納完成

本棚の幅が微妙に余ったら背の高い本を脇に収納
前後2列に並べると、2倍から3倍の本が収納できます。そして、奥の列も見やすく納まって完成しました。でもあともう一つ。

横に寝かせた本が見えないけれどどうするの?当然そういう疑問がわいてくるはず。

では次に、手前の本を移動しなくても奥に寝ている本がわかる方法をご紹介しましょう。本のタイトルを一つ一つ抜き書きしていくよりずっと簡単な作業です。