買い換え前に、洗濯機を知ろう!

皆さん、洗濯機お使いですよね。最近は“乾燥機”が付いた洗濯機が注目の的。当サイトの「あなたの一票」でも、買い換えたい家電のトップが「洗濯乾燥機」でした。

しかし!洗濯機といっても、いろいろな種類が各社から出されていて、良く解りませんよね?ドラム式とか、トップオーブンタイプとか・・・いったい、どんな特徴があるのでしようか?そこで今回は、洗濯機の種類について、簡単に整理してみたいと思います。冬のボーナスで洗濯機の購入を検討されている方!必見です。


機能で分ける洗濯機いろいろ

洗濯機+乾燥機

「全自動洗濯乾燥機」とは、洗濯だけでなく乾燥もしてくれるタイプ。しかし最近のカタログを見ていると『洗濯乾燥機』と『乾燥機能付き』という商品が発売されていまして・・・ちょっと??ですよね。実はこれ、乾燥機能に差があるんです。


『洗濯乾燥機』
これは、まさに「洗濯機」と「乾燥機」が合体したものといえます。衣類を乾燥させるために、ヒーターを搭載していて、完全に乾燥することができるタイプです。
「乾燥機を別で持っていたけど、一体式に買い換えたい!」「乾燥機が欲しかったけどスペースが無かった。一体式なら欲しい!」と思っている方は、こちらのタイプを検討してください。



『乾燥機能付き』
こちらは、完全乾燥はできません。今までの脱水より少し乾燥された状態にできると捉えてください。ヒーターを使わずに風を利用したり、高速脱水でより乾燥した状態にしているものが主流です。
「乾燥機までは必要ないけど、室内で干す時にもっと乾いていたら・・・」と言った要望に応えて開発された製品です。なので「乾燥機」ということではなく、あくまで「乾燥機能」とうたっています。
使い方としては、室内干しの時により乾きやすい状態にするとか、化繊のものを少量だけ乾かしたい時などに利用するイメージです。完全乾燥ではなく、生乾きの仕上がりと言う事ですので、お間違いなく!




上記2タイプを間違えてしまうと、大変!「乾燥機」がついていると思ったら、完全に乾かすことが出来なかった~ということが無いように、気をつけてください!

つづきましては、
形もいろいろ洗濯機は進化している! >> どうぞ!