リフォーム業者が決まったら、プランや手続きの具体的な打ち合わせが始まります。その際、インテリアや間取りなど仕様の打ち合わせに気が取られがちですが、リフォームを成功させるためには、それ以外に必ず確認しておく重要なポイントがあります。

今回は、リフォーム業者に必ず聞いておく! 見積り書の受け取り時、契約時、そして工事完了までの間に確認しておく4つのポイントをご紹介します。

リフォーム業者に必ず確認-1
別途工事と費用の確認 : 見積りの清掃費とクリーニング費用は別物

リフォーム業者が捨てると産業廃棄物。タンスは粗大ゴミとして個人で処分するほうが安いことも

リフォーム業者が捨てると産業廃棄物。タンスは粗大ゴミとして個人で処分するほうが安いことも

見積り書に別途工事と記載してある項目は、見積り金額に含まれていません。この中にはリフォームを進めるのに必ず必要な工事と、希望者だけが行なう工事があります。

別途工事の中にガス工事や排水工事があったら、必ず必要になるケースがほとんどです。まずは必ず必要な工事とその費用を確認しましょう。

見積りに何も記載が無くても、リフォーム中に大きな荷物の移動や、タンスなどの大形ゴミの処分がある場合は、誰が行なうのか、その費用は見積りに含まれているのか聞いておきましょう。

リフォーム業者が捨てると産業廃棄物となりますので、タンスなどは粗大ゴミとして個人で処分するほうが安いこともあります。「これくらいは見積りの中に含めてやってくれるだろう」 という曖昧な判断は厳禁です。

また見積り書に入っている 「現場清掃費」 は工事中の簡易な清掃をさし、工事完了後のクリーニングとは違います。クリーニングが見積りに計上されている場合は、床のワックスは掛けて貰えるのかなど、詳しい範囲を確認しておきましょう。

 

リフォーム業者に必ず確認-2
追加工事と費用の確認 : この見積り以外に費用は掛かりますか? 

全ての打ち合わせ内容をメモしておくのも大切なポイント

全ての打ち合わせ内容をメモしておくのも大切なポイント

リフォームのトラブルでも多いのが追加費用に関することです。

この追加トラブルを防ぐのが、リフォーム業者から見積り書を受け取る時、「この見積り書の金額以外に掛かる可能性のある追加費用はありますか? それはいくらですか?」 という一言です。

リフォーム特有の 「開けてみたら腐っていた」 という状況から生まれる追加工事は、リフォーム業者なら予想できることが多いので、事前に聞いておきましょう。

また仕様を決める途中や工事開始後にも、様々な変更や細かな追加が生まれます。それに伴い当初の見積りから金額が変わっていきます。

「これくらいはサービスだろう」 という曖昧なままで工事が進み、最後に驚くような金額が請求されたというケースもありますので、その都度費用の確認をして下さい。

 

次のページでは、リフォーム中を快適に暮らすポイント! 工事前に貰っておくモノ、リフォーム業者によって違う保証制度についてです。