最近のインターネットでは「YouTube」や「ニコニコ動画」「Veoh」などで、フラッシュ形式のビデオが多用されています。
これらの動画は、RealPlayer(無料版はこちら)などを使うことでダウンロードできますが、これらのビデオは拡張子が「FLV」のファイルとなっており、そのままではQuickTimeでは再生できません。

今回は、このFLV形式など、多くのビデオ形式をQuickTime Playerで再生できるようにするQuickTimeプラグイン「Perian」の使い方を紹介します。

インストール

まずは、Perianをダウンロードしてください。トップページの「Download Perian 1.1.3」のリンクをクリックします。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/4/4/9/toppage.jpg
PerianはMac OS X 10.4.7以降に対応します

ダウンロードが完了したら、Finderに切り替えます。Safariの場合は、Parian というディスクイメージが自動的にマウントされていますが、そうでない場合は、「Perian_1.1.3.dmg※」をダブルクリックして開きます。
※後ろに付く数字はバージョン番号ですので、今後、変更される可能性があります
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/4/4/9/perianimagewindow.jpg
「.prefPane」の拡張子はシステム環境設定のモジュールという意味です

このウインドウの一番左上にある「Perian.prefPane」をダブルクリックしてください。すると以下のようなメッセージが表示されますので、どちらかを選択して「インストール」をクリックします。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/4/4/9/install_mes.jpg
「このコンピュータのすべてのユーザ用にインストールする」を選択すると、「Perian.prefPane」は/Library/PreferencesPanes/ にコピーされます

インストールが成功すると、以下のような画面になります。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/4/4/9/perian_prefpane.jpg
インストールする手順によっては、ここで「Install Perian」 というボタンを押す必要があります(通常は不要)

この後、インストールを有効にするには、いったんQuickTime Playerなど、動画を認識させたいアプリケーションを再起動します。