武蔵野の緑豊かな住宅地に残る洋館

JR中央線の三鷹駅南口より、玉川上水沿いに整備された「風の散歩道」をしばらく歩くと、三鷹市山本有三記念館があります。この建物は、小説家の山本有三が戦前、約10年間家族とともに暮らした家です。
外観

この建物が建築された大正の終わりから、昭和にかけて流行したというスクラッチタイルが外壁に使われています


建物は地下1階、地上2階建ての英国風で、どっしりとした印象の外観です。木造とRCの混構造で、基礎や外まわりの一部には大谷石が使われています。すでに、築80年を超える建物ですが、三鷹市の文化財に指定され、手を入れられていることもあり、竣工当時の趣を今も残しています。

設計・施工会社不詳の建物

実はこの建物は、山本有三が建てた家ではありません。施主は、当時商社の役員だった清田龍之助という人物で、建物が1926(大正15)年に登記されたことはわかっているのですが、設計者や施工会社については、はっきりとはわからないそうです。
応接間

1階の応接間。この部屋の暖炉には煉瓦が使われています

有三がこの家を手に入れたのは1936(昭和11)年のこと。小説の執筆に適した静かな環境に建つこのモダンな洋館を気に入り、家族とともに引っ越してきました。ここで暮らすようになると、自宅の一部を「ミタカ少国民文庫」として近所の子供たちに蔵書を開放したり、テラスで朗読会を開くなど、生活する場所としてだけでなく、公的な場所としての役割も果たしていたようです。山本有三は、戦後、進駐軍に接収されるまでこの館に住んでいました。

次ページでは、建物の細部を見ていきましょう。