リフォームトラブルを回避するための五か条 

リフォームトラブル回避には、リフォーム業者との綿密な打ち合わせを行なうことが基本

リフォームトラブル回避の基本は、リフォーム業者との綿密な打ち合わせ

リフォームは既製品を購入する車や洋服とは違って、まだ仕上がっていない段階で契約を決めるため、行き違いやトラブルが起きやすい状況にあります。

今回はリフォームで多いトラブル事例から、トラブルを事前に回避するための五か条をご紹介します。

【リフォームで起きやすいトラブル事例】
  • 選んだものと違うものが取り付けられていた
  • 工事がいつ終わるかわからずイライラした
  • 作業員の迷惑駐車喫煙で嫌な思いをした
  • 追加費用の請求額に納得がいかない
  • リフォーム完成後にを発見した……など
リフォームのトラブルは、それぞれの段階で確認をしておくだけで防いでいけるものも多いのです。5つの確認ポイントをご紹介しますのでチェックしていきましょう。

 

リフォームトラブル回避の一か条
業者選びの段階で、体質や姿勢を見抜く

連絡も無く遅れてくるリフォーム業者は、理由もなく工期が遅れるかもしれません

連絡も無く遅れてくるリフォーム業者は、理由もなく工期が遅れるかも・・・

リフォーム業者選びの段階で、会社の体質や姿勢をしっかりチェックしておきましょう。

連絡もなく約束の時間に遅れる、見積もりを持ってくると言ったきり連絡が途絶えた、早朝や夜遅くに契約を勧める電話が掛かってくる、などがあったら要注意です。

ルーズな体質の会社は、理由もなく工期が遅れたり、迷惑駐車や喫煙など、近隣トラブルを招くこともあります。相見積りを取る過程で見極めていきましょう。

また単純に安いからと言って、リフォーム業者を値段だけで選ばないようにしましょう。材料や手間のグレードをダウンをして価格を抑えているケースもあります。

 

リフォームトラブル回避の二か条
電話での打ち合わせ、途中の小さな変更も専用ノートに書く

リフォームトラブルでも多いのが、「言った ・ 言わない」  のトラブルです。打ち合わせ中の内容は、業者側が書きとめるのに任せておくだけでなく、自分でも必ず全てメモしょう。時系列がわかりやすいよう専用ノートを作っておくのがオススメです。

時系列がわかりやすいよう、リフォーム専用ノートを作りましょう

時系列がわかりやすいよう、リフォーム専用ノートを作りましょう


忘れがちなのが電話でのやりとりや、工事中の小さな変更です。これらも必ず全てメモしておきましょう。トラブルが起きた時、これらの資料が解決につながることもあります。

次のページでもリフォームトラブル回避の五か条! 工事開始前に必ずやっておくこと、住みながらのリフォームならではのトラブルを防ぐチェックポイントもご紹介します。