ココがプロの技! その2 木材へのこだわり

合板材の断面

合板材の断面

木材と一言でいっても、表面に印刷した木目が貼ってある『プリント合板』や、合板の上に薄い板を貼った『付き板合板』も多いなか、ここの家具職人さんたちが選んだのはすべて本物の木である『無垢板』。それは、永い間生きてきた樹木に接する心地よさを感じてもらいたいという思いからだそうです。


 
無垢材の断面

無垢材の断面

職人さんの確かな目で、木の性質を活かした製品を生み出しているわけですが、このウサギイスはブナをチョイスしています。なぜならブナは優しい木目を持ち、白い材でささくれが出にくいので子どもにやさしいから。

サンドペーパーで仕上ることもあり、木材は無塗装。もちろん、このまま無塗装で木の温もりを直接感じるのも素敵です。オイルで仕上げたい場合は、市販のオイルを完成してから塗り込みましょう。小さな子どもに安心して使ってもらうために、椅子になっても続く木の呼吸を妨げず、木の質感も損なわず、さらに人の体にも安全な植物オイルがおすすめです。

>> 親子木工教室でDIY体験



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。