内蔵アンプクラス1位は?

次に紹介するのは、内蔵アンプシステムクラス(ディーラーデモカー部門)。内蔵アンプシステムクラスとは、フロントスピーカーを鳴らすのに外部パワーアンプを使わず、デッキの内蔵アンプで鳴らしているクルマが参加できる。

DEH-P01

内蔵アンプクラスの多くはDEH-P01を使用する


このクラスの参加車両の多くが採用しているのが、カロッツェリアDEH-P01というCDメインユニット。このDEH-P01というデッキにはパワーアンプを内蔵していないが、6chアンプを付属しているため、この付属アンプを使っていれば、内蔵アンプシステムクラスへの参加が可能になっている。また、サブウーファーの使用は可能で、サブウーファー用の外部パワーアンプは搭載してもいいというレギュレーションだ。

岩手のステックスが2連覇を達成

このクラスの1位は、岩手のステックスが制作したBMW 318iツーリング。昨年に続いて、2連覇である。

クルマは昨年と同じBMW

クルマは昨年と同じBMW。パワーアンプなどを変更しさらにチューンアップ


ステックスの佐野峯さん曰く「デモカーだからといって、特別なことはなにもしていません。お客さんのクルマに取り付けるのと同じように取り付けて、調整していますので、お客さんにも、デモカー同様の音を提供できます。勝因をしいて挙げると、基本に忠実ということですかね。スピーカーの能力を引き出すために、しっかり取り付ける、車内環境に合わせて、最適なシステムを考え、調整を行う、ということだと思います」とのことだ。

ステックスの佐野峯さん

「デモカーだからといって特別な作業はしていません」とはステックスの佐野峯さん


昨年、審査員に指摘された点を改良しより音質向上

システムは、フロントスピーカーがカロッツェリアRSシリーズの4ウェイ(トゥイーター/ミッドレンジ/ウーファー/サブウーファー)。デッキはDEH-P01で、サブウーファー用パワーアンプが、RS-A99Xという構成。昨年、審査員に指摘された問題点を改良するため、ウーファーとパワーアンプを交換し、さらなる表現力の向上を目指したという。

カロッツェリアRSIIシリーズ

フロントスピーカーはカロッツェリアRSIIシリーズ

ラゲッジルーム

ラゲッジルームにサブウーファーとサブウーファーパワーアンプをインストール

このコンテストに勝つということは、単にデモカーの音がいいというだけではなく、レギュレーションや課題曲に合わせたサウンドの調整ができるということ。つまり、お客の要望通りのセッティングを叶えてくれる技術を持つということでもある。クルマの中で、いい音で音楽を聴きたいなら、ショップ選びも重要。次ページで、上位入賞ショップをリストアップしておくので、参考にしてもらいたい。

次ページはディーラーカー部門各クラスの上位入賞店リスト