子育てファミリー層注目!
戸田公園に誕生!全923邸の子育て支援マンション

東京に隣接したゾーンで通勤アクセスがよく、水辺などの自然にも恵まれた埼玉県戸田市の「戸田公園」駅徒歩8分の地に約29,000平米もの広大な敷地を配し誕生する「グランシンフォニア」
グランシンフォニア

グランシンフォニアの完成予想図。周囲にケヤキなどの緑を配し自然溢れる環境を醸成している。

923戸の大規模マンションの商品企画に採り入れられたのは、子育てサポートの視点。埼玉県戸田市は、出生率の高さでも知られ子育て支援策の充実した行政区です。 例えば今年、戸田公園駅前には子育てコミュニティづくりを目的とした「地域子育て支援拠点」として子育て広場が設けられました。常駐する子育てアドバイザーによる子育て相談や、子育て中の保護者のリフレッシュなどを目的とした一時預かりを行っています。

子育て世帯の中に占める共働き世帯が増加傾向にある中、子育て支援マンションのニーズは、今後更に高まると思われます。グランシンフォニアの注目すべき点を子育て層の視点から見ていきたいと思います。

ポイント1:通勤アクセスの良い立地と自然環境の両立

グランシンフォニアは、埼京線快速停車駅「戸田公園」駅から徒歩8分のロケーション。「戸田公園」駅からは、埼京線で「池袋」「新宿」「渋谷」がダイレクトに結ばれ、赤羽駅乗換えで「上野」「東京」へも20分前後で行けます。共働き世帯が増える中、マルチなアクセスの良さも子育て層にとっての大事なポイントだと思います。

また子育てしやすい住環境かどうかも大切です。現地周辺には、荒川の河川敷沿いや戸田公園などの遊び場があるとともに、グランシンフォニアの持つ約29000平米に及ぶ広大な敷地を活かしてをつくり自然とともに人が育つ環境づくりをしている点に注目です。
シーズンアベニュー

グランシンフォニアの周囲には、四季折々の植栽が配される。パースは、シーズンアベニュー完成予想図

敷地の北側には、大きな森「シンフォニアフォレスト」を配置。ケヤキキンモクセイといった既存樹とともに、ヤマザクラ、サルスベリ、イチョウ、コブシといった四季折々の樹木が植えられ自然溢れる憩いのゾーンになっています。

また、総延長約720mにも及ぶ公園のような路が敷地内を結び、そこには生垣や照明・ベンチ・スツールなどが配され、季節感を演出するとともに夜も美しく照らし出します。

セキュリティ内に設けられた中庭「シンフォニアガーデン」には、カツラ、サツキ、ツツジ、イロハモミジ、モウソウチクなどが植えられ居住者専用の憩いのスペースになるともに、共用棟「シンフォニアハウス」からの借景にもなります。

通勤アクセスと子育てしやすい住環境が共に得られることのは、子育て層にとっては大きなメリットでしょう。

次のページでは引き続き子育て視点から見た、グランシンフォニアの魅力を紹介します。