こんなに使えるエタノール

エタノールには「揮発しやすい」「水にも油にも溶けやすい」「カビなどを殺す作用がある」「ウィルスも種類によって不活性化できる(インフルエンザなど)」といった特殊な性質があり、住まいの各所で掃除やケアに役立ちます。基本的には以下の方法で活用してください。
  • スプレー容器に入れ、少量ずつ噴射し、綺麗なタオルや雑巾で拭き取る
  • 或いはタオルや雑巾に噴霧して、揮発する前に拭き掃除する
■リビング
  • ドア、窓などのガラス部分の簡易掃除(スプレーし、タオル等で拭き取る)
  • ドアノブなど、クロムメッキ部分磨き(除菌されつつ、ピカピカに磨ける)
■キッチン
  • 冷蔵庫の取っ手部分の手垢拭き
  • 冷蔵庫のパッキンの汚れ、カビ落とし(綿棒など使うと便利)
  • 冷蔵庫内の壁面など、取り外せないパーツの汚れ落とし(消毒も兼ねる)
  • コンロ周りの油汚れ落とし(二度拭き要らずでサッパリ落ちるが、火気厳禁)
  • 洗い物かごにスプレーしてカビ防止
  • 家電類の表面やコード類の汚れ(油汚れ、ホコリ汚れ)落とし(コンセントは必ず抜いてから)
■お風呂場
  • 棚部分、シャンプー類、排水口等のカビ防止(掃除が終わって乾燥してからスプレー)
  • 鏡を磨く
■洗面所
  • 人造大理石などのトップ部分、シンク、鏡、水栓などの掃除に(ティッシュにスプレーして磨くと簡便)
  • 歯ブラシ立てなどのカビ防止
■寝室、子ども部屋
押入れやクローゼット、ベッド周り、窓周りのカビ掃除、カビ防止(室内のカビを発見したらスプレーして濡らし、キッチンペーパーなどでしっかり胞子を拭き取って密封して捨て、よく乾かしてから追加の掃除を。カビが生えていない壁面なども、掃除の終わりにはスプレーしておくとカビ予防に)

■玄関
下駄箱(シューズボックス)棚板の掃除に使用すると、ニオイ・カビ防止になる。臭い靴の内側も消毒用エタノールで拭くとよい

エタノール使用の注意点

ただし、以下の注意点は決して忘れないようにしてください。
  • 使用する際には絶対に火気厳禁(引火し、火傷や火事の恐れがあります)
  • 革製品、スチロール製品、ニスやワックスをかけた製品(フローリングなども含む)には使用しないでください。光沢がなくなったり、曇ったり、ニスやワックスが剥離されたりして元に戻らなくなる可能性があります
  • 一度に多量に噴霧しないでください。呼吸困難になったり、酔ったりします
  • 揮発性、引火性があるので、保管するときには密閉して火気の無い冷暗所へ。また子どもの手の届かないところに置いてください
  • 長時間、皮膚に触れる状態で使用しないでください。手荒れの心配な人は必ず手袋をして使用してください


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。