愛犬の体重、定期的にチェックしていますか? もし、「太り過ぎかも……」と感じているようなら、注意が必要です。


肥満が及ぼす影響

パグ

太っているのと必要な筋肉があって肉感があるのとは違う。また、肋骨がやや浮いて見えても、それが健康な状態である犬もいる。その犬種らしさも理解して、必要以上にダイエットを気にしないようにすることも大事

人間でも肥満は健康に害を及ぼすとされますが、それは犬も同じこと。コロコロとした犬は見た目には確かに可愛いです。しかし、肥満は体のあちこちに悪影響を及ぼしてしまうことがあります。どんな影響があるかというと……。

  • 体全体に血液を送り出す心臓は、体が太った分、余計に働かなければならないので負担がかかる。
  • その結果、老化も早く進むことになる。
  • 重い体を支えるために関節にも負担がかかる。すでに関節炎や椎間板ヘルニアなどがある場合は症状の悪化につながる。
  • 首の周りに脂肪がつくことで気管虚脱を起こしやすくなり、呼吸がしづらくなる。特に小型犬や短吻種では注意が必要。
  • 糖尿病にも影響する。
  • 皮膚トラブルを起こしやすくなる。
  • 免疫力が低下する。
  • 麻酔が効きにくくなることから、手術に対するリスクが増す。  など

このように、ふっくらしていて可愛いとは言っていられない問題があるのです。


なぜ太るの?

なぜ太るのか? 答えは簡単。運動などで消費するエネルギーよりも食べ物から得るエネルギーのほうが多いからです。では、食べ過ぎだけが原因か?というと、そうでもありません。太る理由には、主に以下のようなものがあります。

  • 食べ過ぎ
  • 運動不足
  • 病気の影響
  • 加齢
  • 避妊・去勢手術によるホルモンバランスの変化   など
この中で、最も多いケースは、食べ過ぎと運動不足でしょう。


犬の肥満率

ぽっちゃり体型のラブラドール・レトリーバー

飼い主さん自身が肥満または太り過ぎであると、その愛犬も同様に肥満または太り過ぎであることが多いという調査結果も:(c)officek/a.collectionRF/amanaimages


日本の犬の場合、3割以上が肥満または過体重であると言われてきましたが、年々増加傾向にあるようで、明治大学が2016年に発表した調査結果(2006年~2013年にかけて116犬種9,120頭のデータを収集)によると、肥満犬は15.1%、過体重の犬は39.8%で、明らかに太り過ぎである犬は両者を足して54.9%だったそうです。また、肥満・過体重になるピークの年齢は7歳~9歳で、オス犬よりもメス犬のほうが1.3倍肥満率が高いということ(*1)。

海外に目を向けると、アメリカの犬の肥満率(肥満+過体重)は53.9%(*2)で、中国は44.4%(*3)、オーストラリアは41.1%(*4)、イギリスは3分の1(*5)、スペインは40.9%(*6)という数字が見られます。スペインの調査では、オーナー自身が肥満もしくは過体重であった場合、そのうちの78%が、飼っている犬も肥満または過体重であり、それらの犬のすべては肥満関連の代謝障害であると診断された、という結果も出ています。

イギリスでは2014年に、それまでの5年間で肥満&過体重のペットが急激に増えているというニュースが流れましたし、アメリカにおいても2017年になってペットの肥満率が高くなっているというニュースがありました。どうやら、肥満犬の増加は日本だけではないようですが、こうして見てみると、日本の犬の肥満率が一番高いということになります。

その数字の一方で、自分の愛犬が肥満または太り過ぎであると意識しているオーナーさんは意外に少ないようです。「うちのコはちょっとふっくらしていて可愛いの」くらいに思い込んでいるオーナーさんの意識が肥満を増やしているとも言えるでしょう。