猫からうつるものもありますが、人がうつすものもあります
猫からうつるものもありますが、人がうつすものもあります
ズーノーシス(人獣共通感染症)という言葉を耳にされたことはありますか? ズーノーシスとは、人とそれ以外の脊椎動物の両方に寄生、または感染する病原体によって起こる感染症のことです。猫から人に、人から猫にうつしてしまうかもしれないズーノーシスには、どんなものがあるのでしょうか? また、どんなきかっけで感染するか、日頃の生活・猫との接点を見直してみましょう。

ズーノーシスの予防は、2006年6月1日に改正・施行された動物愛護法で「(飼い主は)動物に起因する感染症(ズーノーシス)の予防のために必要な注意を払うこと」と明記され、飼い主の責任になりました。大切な家族を守るために、ズーノーシスについての正しい知識を持ち、飼い主としての責任を果たしてください。

猫から人に、人から猫に病気がうつる病気とは

猫と人のズーノーシスは、猫の病気がそのまま人間に、またその反対で人の病気が猫に感染するというものはありません。猫がひどい風邪を引いても人間にはうつりませんし、人間のインフルエンザは猫にはうつりません(フェレットは人のインフルエンザに感染した例があるそうなので、フェレットを飼っている方はご注意ください)。

問題になるのは、猫についたノミやダニなどの寄生虫や細菌が人間にも感染することで起こる様々な病気です。もし飼い主が野山を歩き回ってノミやダニのお土産付きで帰宅したら、人から猫にうつしてしまうこともあるので注意が必要。

猫と人のズーノーシス感染経路は様々です。たとえば、猫にいるおなかの虫(内部寄生虫)が人に感染するには、卵が口に入ることで感染する経口感染、虫が皮膚を食い破って侵入し感染する経皮感染などがあります。猫に噛まれたり引っ掻かれたりして感染する菌もあります。それぞれの病気の感染経路を知って感染の危険を減らしてください。