ホームページ作成に役立つ知識とは

ホームページ作成に役立つ知識とは?

知っておくとホームページ作成に役立つ知識とは?

ウェブサイトを作成する上で知っていると役に立つ知識には、大きく分けて以下のような4種類があります。「ウェブサイトの作成を始めたいが、どんな知識から付けていけば良いのか分からない」という方々のために、本記事ではそれらの概要をご紹介いたします。

最初からすべてを把握しておく必要はありませんし、完璧に理解する必要もありません。興味のあるところから徐々に手を広げていけば、ウェブサイトを楽しく作れるようになるでしょう。


 
知っておくと役に立つ4種類の知識
ウェブ製作にあると便利な4種類の知識

あると便利な4種類の知識

下記(右図)に挙げる4種類のジャンルには、さらに細かく様々な技術や知識があります。

  1. ウェブページを構成する技術的な知識
  2. ウェブページ上のオブジェクトを作る知識
  3. ウェブページをより良く・より便利にする知識
  4. ウェブサイトの公開・運営に関する知識

詳しくは次のページ以降で解説しますので、まずは一覧をご紹介しておきます。


 

1. ウェブページを構成する技術的な知識 (p.2で解説)

ウェブページを構成する技術

ウェブページを構成する技術

ウェブページは主にHTMLという言語を使って記述されていますが、HTMLと合わせて重要な技術がいくつかあります。

  • HTML・XHTML:ウェブページを作る言語です。
  • CSS(スタイルシート):ウェブページのデザイン(装飾)などを作る言語です。
  • JavaScript:ウェブページに複雑な機能を加えられるスクリプト言語です。
  • CGI(PerlやRubyなど)・PHP:ページを動的に生成する際などに使われる言語です。
  • SSI:複数のファイルをウェブサーバ側で合成して1つのウェブページを作る機能です。
  • .httaccess:エラーページのカスタマイズなどに使える(Apacheの)設定ファイルです。
  • データベース:CMSツールではデータの保存先として利用されます。技術的な知識はなくても、使用の準備方法は知っておくと役に立ちます。
上記の技術群をより便利に・より楽に使えるようにした各種統合ツールなども多々あります。それらを使えば、効率よく簡単に作成できるようになるでしょう。
  • フレームワーク:整ったデザインが簡単に作れるパーツ群を提供してくれる仕組みです。
  • ライブラリ:ソースの記述量を削減するのに役立つスクリプトのセットなどです。
  • CMS:ウェブページをウェブ上で作成できるようにした統合ツールです。
上記の点については、本記事の2ページ目「ウェブページを構成する技術的な知識」でご紹介いたします。

2. ウェブページ上のオブジェクトを作る知識 (p.3で解説)

オブジェクトを作る知識

オブジェクトを作る知識

画像や動画など、ウェブ上に掲載されるオブジェクトの作り方も知っておくと役に立ちます。

  • 画像素材:自由に組み合わせて使える様々な画像を提供してくれるウェブサイトやサービスなどがあります。
  • 画像加工:画像素材を加工したり、自分で撮った写真をウェブ用に加工したり、画像加工テクニックを知っておくと表現の幅が増えます。
  • 動画(アニメーション)作成:ちょっとしたアイコンを動かすアニメーションGIFから本格的な映像まで、動画の作り方や公開方法も知っておくと役に立ちます。
  • ウェブフォント(アイコンフォント):望みのフォントで綺麗に文字を表示したり、拡大・縮小に耐えるアイコンを作ったり、フォントの活用方法も知っておくと便利です。
  • SNS連携:各種SNSと連携できるボタンやツールも使えると役に立つでしょう。
このような、ウェブ上に加えると便利な仕組みについては、本記事の3ページ目「ウェブページ上のオブジェクトを作る知識」でご紹介いたします。

3. ウェブページをより良く・より便利にする知識 (p.4で解説)

より良く・より便利にする知識

より良く・より便利にする知識

ウェブページを多くの人々に見て欲しいなら、様々な環境で意図通りに閲覧できるよう気をつける必要があります。

  • アクセシビリティ:様々な環境からでも問題なく閲覧が可能なように気をつけて作成する方法です。
  • ユーザビリティ:誰もが見やすく・分かりやすく・使いやすいように気をつけて作成する方法です。
  • モバイル対応:スマートフォンやタブレットなどの小型端末に対応させる方法です。
  • レスポンシブ・ウェブデザイン:端末の種類別にウェブページを分けることなく、単一のページで様々な環境に対応できるようなデザインを作るテクニックです。
  • SEO:検索サイトからのアクセス数を向上させる方法です。
  • RSSフィード:自サイト内の新着情報を効率よく把握してもらうための仕組みです。
上記の点については、本記事の4ページ目「ウェブページをより良く・より便利にする知識」でご紹介いたします。

4. ウェブサイトの公開・運営に関する知識 (p.5で解説)

公開・運営に関する知識

公開・運営に関する知識

ウェブサイトを公開するためには、住所に相当するドメインや、建物に相当するウェブサーバを用意する必要があります。また、セキュリティに気をつけたり、閲覧者の動向を把握するための解析手段も用意しておくと、運営に役立つでしょう。

  • ドメイン:「allabout.co.jp」のような独自のドメインを所有すれば、分かりやすいURLが使えます。
  • ウェブサーバ:ウェブサイトの公開場所であるウェブサーバは、無料スペースやレンタルサーバなど様々です。それぞれのメリット・デメリットを知っておくと役立ちます。
  • アクセス解析:どれくらいの人々がどのページをどれくらい閲覧してくれているのかを知る方法です。「Google Analytics」などの無料のアクセス解析ツールも多々あります。
  • セキュリティ:CGIやPHPのような動的にページを生成する手段を利用する際などには特に、脆弱性を放置しないようにセキュリティに気をつける必要があります。
上記の点については、本記事の5ページ目「ウェブサイトの公開・運営に関する知識」でご紹介いたします。

作りたい内容に応じて、知りたい箇所から少しずつ

(くどいようですが)全部を最初から知っておく必要はありません。自分の作りたいウェブサイトに合わせて、必要な部分から少しずつ知っていけば良いでしょう。

それではまずは、ウェブページを構成する技術的な知識から順にご紹介いたします。