想像力が膨らみ、ロマンのある古道具

川内さんの好きなものは、ちょっと無骨でギミックがあって、アナログ的な機械。 媚びていない色やフォルム、今まで一生懸命頑張ってきたんだなあ、という哀愁のようなものに魅力を感じるのだそうです。 扇風機、鉛筆削り、穴開けパンチ、タイプライター・・・、そして大量に並んでいるのは手動式のコーヒーミル。 これらはドイツ製のものが多いとか。 「子供の頃、工場の近くに住んでいたんです。だから、 機械が動く姿を見るのは日常的なことでした。そういった経験も、 こういうものが好きになった理由のひとつかもしれません」。 コーヒーミルは古いなりのぎこちなさはあるけれど、 メカニックなデザインや回したときの手ごたえなどに味があります。 全てクリーニング済みなので、普通に使うこともできるそうです。

不思議な機械いろいろ
無骨でメカニックで機能美のある道具たち。


「こんなもの、なんで買っちゃったんだろう、っていうものも多いんですよ。」 といいながら見せてくれたのは、思わず目を細めてしまいそうな小さな時計のパーツ。 小指の先にもならないほどの大きさの長針、短針、スプリングなどが、古びた紙包みや缶の中に入っています。

時計パーツ
細かな時計のパーツ。パッケージも美しい。


ものを選ぶときは、あまり悩まず直感でパッと決めてしまうという川内さん。 「自分だけが感じるたまらない魅力、っていっても説明になってないですけど、 想像力の膨らむもの、奥深いロマンを感じるものなどに、 グッと気持ちが動くん じゃないかと思います。そういうものを見つけた瞬間が一番楽しいですね」。

オブジェ類
文字がもたらす面白さ。


写真左上は、ボロボロになった紙に、どうやら領収書のようなものが、 無造作にペタペタ貼り付けられています。 普通なら捨てられてしまいそうな紙切れですが、 微妙なグラデーションの紙の色褪せ具合や走り書きの文字、 よれよれになった紙の質感などが、コラージュのように重なり合って、 偶然のアートを作り上げています。
左下の写真でごろんと転がっているのは、先ほど出てきた棚代わりの木製パレット の足部分。管理のために印刷されたナンバーやアルファベットが、 アクセントとして効いています。
下右のプレートは、鉄道で使っていたものらしい、とのこと。 独特の文字のフォントに、オブジェのような存在感があります。

おもちゃ
カラフルでひょうきんなおもちゃ。


こちらは古いおもちゃたち。左上はチェコからやってきた小さなウサギ。 ネジを巻くと、結構な勢いでぎゅんぎゅん走ります。 そのギャップある動きがコミカルで楽しい。 右は木製のサッカーゲーム。フランスのアンティークです。赤と青のユニフォームを着た人形たちが ぶら下がる棒を、それぞれ動かしてボールを蹴り、対戦します。 左下はなんと昔のビー玉。素焼きの陶器の丸い玉に、素朴なパステルカラーの色 が塗られています。ころころちっちゃくて、お菓子みたいでかわいい。

食器など
器やキッチン道具など、日常に使えるものもあります。


多くはありませんが、お皿、カップ、カトラリーなど、キッチンツールやテーブルウエア もあちこちに潜んでいます。 食器はフランスのクレイユ&モントロー、オランダのマーストリヒトのものなどで、 1900年代前半くらい。 シンプルでフォルムの美しいものが見つかります。

以前はデザインの仕事をしていた川内さん。 お店はまだまだ始めたばかりですが、 今後は店というフィルターを通して、写真やデザインのように何かメッセージを 伝えることができたら嬉しい、とのこと。 周りの人やお客さんからの意見も取り入れ、 これからも少しずつ変化していきそうです。



grame(グラム)
東京都世田谷区桜3-2-18 第七太陽ハイツ201
tel 03-3427-9103
12:00~20:00 水曜定休(他臨時休業有り)

※こちらのギャラリーも近所なので、併せて訪れてはいかがでしょうか?
プリズム そっと瞬く隠れ家ギャラリー


■関連記事
MON SALON*USE 松涛の美容サロン+古道具
西荻窪・recit 物語が始まる部屋
六畳一間を表現 high-kyo ROOMS 表参道
新宿・boil 古道具の温かさを共有したい
学芸大学・boiserie パリの古いバレエ教室
表参道・ルバーブ/路地裏の小さな宝箱
MARKTE 小伝馬町の新しい隠れ家


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。