外観

この看板が目印。階段を上がって2階です。


町の片隅に人知れずひっそりと存在しているアンティーク屋さん。 興味がなければ、気づかずに通り過ぎてしまうことも多いかもしれません。 危うく通り過ぎそうになったこのお店は、世田谷通り沿いの小さなビルの中にありました。 世田谷線の上町駅から、10分ほど歩いたところ。 松ヶ丘交番を通り過ぎ、「しらとり」という風情のあるレストランの 2階がお店になっています。看板を頼りに、 車庫の脇にある目立たない階段を上がって、ようやくたどり着きました。


ロフトのような工場のような、寡黙でインダストリアルな空間

店内
作業中の工房のような雰囲気。
大きな木の扉を開けると、店内はまるで機械の修理工場か何かのようです。 セピアカラーの部屋の中には、鈍い光を放つ金属製の工具や部品があちこちに並べられ、 作業の途中という感じ。これから組み立てられるのを待っているかのようでした。 お店の看板がなかったら、間違えました、と言ってそそくさと去って行ったかもしれません。 ちょっと見ただけでは、一体何に使われていたものか分からない、 オブジェのような不思議なパーツが、ところ狭しとぎっしり並んでいます。 一見無愛想で素っ気無く、無造作にも見える物体の陳列。しかし、 店主がひとつひとつ密かに胸を高鳴らせて選んできた、静かな魅力のあるものたちなのです。

店内の様子
フランス、チェコ、ハンガリー、ドイツ、日本など国籍、年代はバラバラ。


学生の頃から古いものが好きだった、という店主の川内圭介さん。 大阪育ちという環境もあってのことか、 最初の興味は古着だったそうです。そのうち古着屋で一緒にディスプレイされている ジャンクな小物などにも興味を持ち始めました。 当時初めて買った古道具は、 なんとおしぼりを蒸すためのケース! しかも電気製のものではなく、 お湯を沸かしてタンクに入れるとおしぼりが温まる、というちょっと原始的なものでした。 そのときは、”これが家にあったら面白い!”というウケ狙いが目的だったそうです。 さすが関西人! 大学生の頃には、スタイリストのアシスタントのようなこともやっており、そのときに出会った師匠から、大きな影響を受けました。 撮影のスタイリングを始め、内装デザイン、ガーデンデザインなど幅広く活躍されている方だったそうです。 お店のイメージは、そういった様々な環境からインスピレーションをもらっているとのことでした。


パレットを組み合わせたユニークな棚

店内
様々なお宝が隙間に潜む。ちょっとワクワクします。
この店は、元のハコをうまく利用し、ほとんど手を加えずに、 即興でアイディアを駆使して仕上げました。 コンクリートむき出しのやや荒れた床に白い壁、素朴なアルミサッシの窓など、 何もしなくても十分な雰囲気があります。 運送会社から使い古された木のパレットを大量に譲り受け、 それを積み上げて棚のようにしました。 その隙間に、やっぱり使い古されたパン焼き用の鉄板を差込み、引き出しの役目を果たしています。 鉄板を引っ張り出すと、商品が並べられているという、 ユニークな陳列方法。 入り口の大きな木の扉は、3日かかって手作りしたという力作です。 こちらもパレットを一部解体し、入り口の大きさに合わせて切ったりつなげたりして 作ったそう。なかなか思うように大きさが合わず、苦労したそうです。 「素人仕事なので、今もまだガタツキがあるかも。 気候などによっては、扉が開けにくいかもしれません(笑)」。

入り口扉
どっしりと風格のある扉。


次ページでは、並べられた古道具をクローズアップ。