東東京の新しい情報発信地として

素材のフロア
手作り好きにはたまらない、クラフトコーナー。

エレベーターに乗って2階から上は、シモジマの得意分野でもある、 クラフトや包装関連の素材が豊富に揃っています。 4階は、今人気のスクラップブッキングやスイーツデコに関する 材料や道具もたくさん。 リボン、毛糸、刺繍糸、ハンコやクラフトペーパーなど、 手作り好きがワクワクしてしまうようなものがぎっしり詰まっています。 商品のセレクトにも気を配り、 ファッション性の高いクラフトとして、 やや落ち着いた色や素材、大人っぽさを意識した品揃えです。 陳列にも工夫を凝らし、ヨーロッパから仕入れてきた エレガントな什器をアクセントとして散りばめ、 ゆったり寛いだ雰囲気の中で買い物を楽しめます。

今回east side tokyoオリジナルグッズも開発され、 便利なポケット付きの撥水性エプロンや、花材を入れやすいPPクロスの巨大バッグ、 速乾性があり匂いの付きにくいリネンガーゼクロスなど、 花やクラフトに適した商品を各種取り揃えています。

素材いろいろ
左上の花をかたどったレース飾りはトルコのイーネオヤという工芸品。
リボンやクラフトペーパーも、シックな色使いのものが多いようです。


店の一角には大きなテーブルと椅子を配置し、ワークショップ等を行える気持ちのよいスペースがいくつかあります。 ここでは、花とクラフトに関連するトップクリエイターを招き、 多くの人にものづくりの楽しさを実感してもらう、 レッスンやセミナーが行われるそうです。

ワークショップコーナー
人工芝を敷き詰めた、ユニークなイベントスペース。


普段新宿や渋谷で買い物をする人にとって、浅草橋はなかなか馴染みの薄い 場所かもしれません。 しかし、ちょっといけば浅草や合羽橋の道具街、美味しいものが集まる人形町など、 楽しいスポットに囲まれた場所です。 昔から続く風格ある老舗もあれば、しゃれたカフェやレストランも徐々にできて、 様々な文化が入り混じり、町全体が宝探しのよう。 最近は多くの若いクリエイターが住居やアトリエを構え、 新たな情報発信地として活気を見せています。 ここは、そんなクリエイター達のインスピレーションを高める場として、 また交流の場としても、お互いが相乗効果をもたらしてくれそうな期待が持てます。 昔から浅草橋を基盤としてやってきたシモジマならではの、 地元っぽさと新感覚を兼ね備えた 「ユニークな人の多く集まる、親しみやすい情報発信地」として、 一緒に地域を盛り上げていきたいとか。目指すは浅草橋のコンシェルジュ?! 今後は様々な活動や交流が考案されているそうです。

ディスプレイ
エレベーターホールにある、各階をイメージした印象的なディスプレイにうっとり。



east side tokyo(イーストサイドトーキョー)
FLOWER & CRAFT
東京都台東区蔵前1-5-7
tel 03-5833-6541
10:00~18:30
不定休
http://eastsidetokyo.jp/


◆東東京エリアのショップ
蔵前 in-kyo 器と生活道具
合羽橋 ツヴィリング J.A.ヘンケルス 包丁
鳥越神社 SyuRo オリジナル雑貨
御徒町 WOODWORK 木の家具
小伝馬町 MARKTE ヨーロッパ雑貨


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。