これまでシングルに人気の街といえば、吉祥寺や高円寺など中央線沿線や下北沢、三軒茶屋、自由ヶ丘などいわゆる「全国区」な街がよく挙げらてきました。今回はそこをちょっと外して、ガイド的ベスト5をご紹介します。

さて、そのベスト5は
第1位 中目黒(東急東横線・日比谷線)
第2位 蒲田(京浜東北線・京浜急行線・東急多摩川線・東急池上線)
第3位 笹塚(京王線)
第4位 八丁堀(日比谷線)
第5位 5万円トライアングル=綾瀬・亀有・北綾瀬(千代田・常磐線)

です。以下、具体的にそれぞれの街の住みやすさ、おススメの理由などを見ていきましょう。

第1位 中目黒
足回り、飲食店、おしゃれ度で◎。物件供給増にも期待

中目黒駅と山手通り
山手通りと中目黒駅。右手は2002年に完成した再開発ビル。将来は山手通りを挟んだ反対側にも同様のビルが建つ予定。
人気、注目度急上昇中の中目黒はすでに「全国区」入りしたといえる旬な街。東急東横線、日比谷線の2線が使える上、日比谷線は始発も多く、座って通勤も可能で、六本木、神谷町、銀座あたりに通勤するならベストなロケーションです。また、表参道、六本木まではタクシーでも1000円台。代官山、恵比寿なら歩いても10分ちょっとです。


目黒川沿いの飲食店
目黒川沿いには古い一軒家やマンションを改造した店舗が増えている。
飲食店の多彩さは各種雑誌にもある通り。東横線の高架下、目黒川や山手通り沿いをはじめ、住宅街の中にも点在するカフェやレストランは年々増加、その時々で話題になる店が登場します。ちなみにこの記事が初出の2006年時点ではジンギスカン屋さんが大流行していましたが、その後、エスニックを経て、最近はバル風の店が増えています。ファッション関係では、目黒銀座商店街ではアバンギャルドな若いブランドが増え、周囲を驚かせています。また、最近は駒沢通り沿いにインテリアショップが増え、第二の目黒通り化し始めています。

さらに、この街は駅南口再開発、区役所移転に続き、2009年以降変化を続けてきました。駅前の上目黒1丁目再開発でタワー、飲食店などが増加、渋谷から池袋に伸びる東京メトロ副都心線は2013年に東横線に乗り入れし、山手通りの拡幅工事もほぼ完了。山手通りの地下では往復4車線の中央環状品川線が2015年3月に完成予定で、この完成により、首都圏から東名、中央、関越その他外に向かう高速道路の利用が容易になります。そのあたりを見越してか、中目黒周辺では新築物件建設が進んでおり、この街はもっと面白くなりそうです。

目黒川沿いの桜
中目黒名物、目黒川の桜。川沿いには古いマンションが多いが、空きはなかなか出ない
そうした人気を反映してこの数年、賃料は上昇傾向にあります。予算はワンルームマンションで10万円以上。アパートなら7万円~ですが、なかなか空き物件がありません。逆に予算があれば、40m2以上の広いワンルームやデザイナーズマンションも選べる地域です。予算を下げたいのであれば、駅から10分以上離れた東急田園都市線池尻大橋との間、あるいは隣駅祐天寺との間方向を探してみるといいでしょう。


第2位 蒲田
猥雑なごちゃごちゃ感が独特、実質本位で選ぶなら……

蒲田駅西口
蒲田駅西口。ロータリーを挟んで、サンロード、サンライズ蒲田など商店街が並ぶ。
京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線、京浜急行本線が利用できる蒲田は区役所や区民ホールなどの公共施設が揃う大田区の中核地。サンカマタ、東急プラザ(西口)、パリオ(東口)と3つもの駅ビル、東急ストアなどの大型商業施設もありますが、なんといっても蒲田の魅力は地元商店街の活気。駅周辺に13棟もの店舗を展開するユザワヤや元々は戦後の闇市だったという西口商店街などなど……。ある種猥雑な感じもするほどで、この気取りのなさ、実質本位な雰囲気には好き嫌いが別れるのではないかと思います。特に女性には風俗店も多い、この街のごちゃごちゃ感は嫌われる可能性があります。

安さを競う西口商店街
日本一の安さを看板に掲げる飲食店も多い駅周辺。エスニック系の飲食店も増えている。
しかし、ビジネスホテルが異常に多い点からしても、この街は男性にはおススメ。足回りが良く、安く、手軽に夜間も食事ができ、遊びもOK、そんな場所なのです。ことに、名物の餃子を初めとする飲食店の豊富さ、安さはシングルにはウレシイ限り。その他の日常品も商店街内で競争が多いせいか、全般に安めです。

家賃は20m2前後のワンルームマンションで7万円~。駅周辺に商業施設が多いため、駅から10分以上歩く遠めの場所が中心で、かつ古く、20m2以下の狭い物件なら6万円台も。逆に駅近くなら8万円、9万円で分譲タイプ、30m2以上の広め物件という選択もできます。多少賃料を下げたいなら、乗換えはありますが、東急多摩川線、同池上線を狙うのも手。これらの沿線では広めの木造アパートが多くあり、賃料手頃で広い部屋に住めます。

ちなみに、京浜急行日の出町も蒲田と雰囲気が共通する街。ガイド的にはこちらもおススメです。

3位以下ではええっというような超都心や激安エリアも登場。次ページで見ていきましょう。