3位、京成立石
立石仲見世でコロッケ三昧

愛知屋
駅のすぐ横という分かりやすいロケーションの愛知屋。店頭には看板猫がいつも陣取っている
ボクシングの内藤大介選手もしばしば姿を見せるという京成立石駅前の立石仲見世は、アーケードの中に生鮮食料品店からモツ焼き屋さん、立ち飲みなどが軒を連ねる、オヤジの天国。その京成立石の駅のすぐ前にあるのが、コロッケやレバカツがおいしい愛知屋さんです。けっこうしっかり味がつけられているようで、ソースなどをかけずにそのまま食べても十分。知り合いにはここのレバカツの熱狂的なファンもいます。いずれも決して上品な味ではありませんが、いつもの、あの味というところでしょうか、懐かしさが味をランクアップしています。愛知屋以外にもコロッケを売っているお惣菜屋さん、肉屋さんがありますので、食べ比べもおもしろいかもしれません。

鳥房
鳥房近くの横丁には小さな飲食店ばかりが集まっており、値段も手ごろ
ちなみに立石はモツ焼き、串揚げなどのおいしい、しかも手ごろな飲み屋さんが多く、夕方早い時間から行列ができる店などもあり、商店街にはいい匂いが漂っています。個人的には、立石仲見世と駅をはさんで反対側、立石駅前商店街で思いっきり香ばしい匂いを発散する鳥房さんがお勧め。こちらは正面、肉屋さん、横手に回ると行列のできる飲み屋さんで、名物は鶏の丸揚げ。塩味だけなのに、鶏の旨みがじゅわっ。思い出すだけでよだれが出ます。

4位、高座渋谷
こだわりの高座豚使用の上品コロッケ

肉の大田屋
千本桜商店街とは言うものの、あまり活気のない商店街の中にある肉の大田屋。この店だけが元気
古い街、都心近くが続いたので、4位はちょっと離れた場所のお店をリストアップしました。小田急江ノ島線高座渋谷駅からちょっと離れた千本桜商店街にある、肉の大田屋です。ここは神奈川県特産の高座豚にこだわっている肉屋さんでコロッケだけでなく、オランダやドイツでも賞をとったという自家製ハムやソーセージのおいしさで評判。コロッケはやや厚手の衣がしっかり、さくさくでプロの味といった感じ。コロッケを買いに行くのであれば、ぜひ、他の商品も試してみてください。

引地川沿いの桜
住宅開発と同時に植えられた桜が今では地元の名物に
ちなみに、大田屋の近くにある引地川沿いは桜の並木が名物で千本桜と称されるほど。私も実際に見に行きましたが、大きく成長した桜の木陰を歩けるようになっていて、それほど人出もなく、花見にはうってつけの場所です。


最後はみんなも知っているあの街の意外なコロッケ!