5位、自由が丘
ジャガイモを使っていない変り種コロッケ

丸栄のコロッケ
あっさり、塩味の利いた自由が丘丸栄のコロッケ(持ち帰りを自宅で盛り合わせたものです)
最後はかなり異色のコロッケをご紹介しましょう。自由が丘、しらかば通りにあるとんかつ屋さん、丸栄の特製コロッケです。どこが変わっているかというと、じゃがいもを使っていない上に、揚げてもいないという点。豚肉をミンチ状にしてホワイトルーでつなぎ、揚げ焼きしているのだそうで、すごくあっさりしていて、ぺろりといけます。1,000円のランチ定食には2個付いてくるのですが、多分、4個くらいなら女性でも一気にいけるのでは。

丸栄店頭
しらかば通りという細い通り沿いにある丸栄。少し先にあるマクドナルドを目標にすると分かりやすい
定食屋さんの少ない自由が丘では、お隣の定食店と並んで、人気の店です。ちなみに自由が丘では駅の近くに肉屋さんがなく、お住まいの方はどうしていらっしゃるのだろうといつも不思議。熊野神社の近くにある、荒川商店は知っているんですが……。他の肉屋さんをご存知の方は教えてください。

番外編
吉祥寺ミートショップサトウに葉山旭屋牛肉店、野毛のハクライ屋……


食べ物に関しては止め処なく、語り続けるタイプです。というわけで、ランキングに入れなかったコロッケたちについて、簡単に。

サトウの行列
メンチを買う人の行列。この周辺では最中を求めて行列のできる和菓子屋さんも
吉祥寺にあるミートショップサトウは丸いメンチが名物で、行列の絶えない人気店。しかし、コロッケなら並ばずに買えます。残念ながらメンチのように丸くはありませんが、松坂牛をたっぷり使っており、侮れないお味。とんかつもいけます。

お取り寄せもでき、有名人にファンが多いのが葉山にある旭屋牛肉店。葉山というとハイソな雰囲気がありますが、こちらのコロッケは1個70円と下町よりもお手頃。コロッケパンにしてもらっても110円です。

野毛
野毛の飲食店街。さまざまな種類の飲食が楽しめる
野毛にあるにぎわい座の裏手、動物園通りにある、おばちゃんが一人でやっているコロッケパンの店がハクライ屋。注文があってから揚げるので、少し待たなくてはいけませんが、必ず熱々がいただけます。野毛はにぎわい座に落語を聞きにしばしばでかけていますが、ここはいわゆるB級グルメには事欠かない街。最近、通り沿いは再開発でキレイになりましたが、奥に入るとまだまだディープな港町の雰囲気が残っています。勇気のある方はぜひ、探訪なさってみてください。

東銀座、マガジンハウスの近くにあるチョウシ屋もコロッケパンでは有名でしょう。こちらは立地のせいか、ややお高く、コロッケパンは240円(コロッケ単品は140円)。土日祝が休みで中休みもあるので、なかなか営業している時間にいけないのが残念です。

まだまだ、おいしい店はたくさんあるのですが、残りは別の機会に。皆さんも、住まいの下見時には忘れずにコロッケ食べ歩きをしてみると、意外な美味に出会えるかもしれませんよ~。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。