リフォーム検討中の場所ランキングから、人気の部位ベスト5で見落としがちな失敗と、こうすればもっとよくなる!事前に知っておきたいポイントをご紹介します。

人気リフォーム、ベスト3を水まわりが独占

10年以内にリフォームをしたいと考えている人にアンケートをとったところ、リフォームしたいと考えている場所は、下記のような順位となりました。また収納や省エネルギー性能を高めたいなども人気があり、10位以内にランクインしています。

データは、平成27年インターネットによる住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する第9回調査報告書、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会によるものです。

【リフォーム検討中の場所-複数回答】
1位 浴室
2位 洗面・トイレ
3位 食堂・キッチン
4位 屋根や外壁
5位 リビング・居間

人気リフォームベスト5の1位~3位までを独占しているのは水まわりです。水まわりは、設備の機能が毎日の暮らしに直結しているので、老朽化による影響を受けやすく、不満を実感しやすい場所です。

4位の屋根や外壁はメンテナンスの中核的存在。5位のリビング・居間は、広さや明るさ、収納など空間の快適度や充実度を上げるリフォームを希望する人が多いのが特徴です。

では早速、人気リフォームベスト5で見落としがちな失敗と、事前に知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

5位:リビング・居間リフォーム
見落としがちな失敗は窓の断熱、忘れると居心地大幅ダウン

リビング画像

窓が大きいリビングだからこそ、性能向上のリフォームを忘れずに。

人気リフォーム5位はリビング・居間です。ここで失敗しがちなのが窓の性能向上リフォームを忘れてしまうこと。窓は熱の出入りが一番大きい場所です。リビングや居間は窓が大きいので、その性能が部屋の居心地を大きく左右します。

床暖房を付けているのに寒い、エアコンを付けているのに暑い、窓ガラスに結露をしてしまうといったようなことが起きるのは、窓の性能が大きく影響しています。

せっかくリフォームしても居心地がよくなければ、人が集まる楽しいリビングにはなりません。窓が大きい部屋だからこそ、性能向上のリフォームを忘れずに行いましょう。

 

リビング・居間のリフォーム・ワンポイントアドバイス

窓の性能向上の基本は断熱と遮熱。冬は断熱性能を向上させ、夏は遮熱性能を向上させることで、部屋は快適になります。リフォームの方法は、断熱サッシへの交換、エコガラスへの交換、内窓の取り付けなどがあります。

夏の遮熱対策では、窓の外側を覆って日蔭を作るようにすると夏に涼しいリビングになります。特に庭にウッドデッキがある場合は、オーニングなどで日よけを作り、熱を溜め込まないよう工夫しておきましょう。

4位:屋根や外壁のリフォーム
関連工事を見落とさない、まとめてやっておかないと後悔する

太陽光発電

太陽光発電システムの取り付けリフォームをする場合は、事前に屋根の点検を。

人気リフォーム4位は屋根や外壁、メンテナンスのリフォームです。家を健康に維持し続けるために必要不可欠なこのリフォーム。失敗した!という後悔の声を聞くことが多いのは、関連工事をまとめてやっておかなかったことによるものです。

屋根や外壁だけでなく、雨どいや2階の雨戸などのリフォームでも足場が必要です。それらをバラバラとリフォームしてしまえば、都度足場を掛けることになり費用がかさみます。

いったん足場を掛けたら、やりなおしが無いよう計画を立てておくことが肝心です。中には25年が過ぎようとしているスレート瓦にそのまま太陽光発電システムを乗せてしまい、屋根のメンテナンスができないまま不安な毎日を過ごしているというケースもありました。

 

屋根や外壁のリフォーム・ワンポイントアドバイス

屋根や外壁のメンテナンスの周期は、今使われている材質によっても変わってきます。まずは我が家のメンテナンスの時期を確認し、そのタイミングを逃さないよう、関連工事もあわせて計画を立てましょう。

太陽光発電システムの取り付けリフォームをする場合は、事前に屋根の点検をしておくことを忘れずに。メンテナンスの時期が近いなら、先に済ませておけば安心です。

次のページは、人気リフォームベスト3で見落としがちな失敗です。