インターネットの普及で一気にブームになったオークション。
そのブームの中にあっても不動産賃貸オークションは全く盛り上がりを見せていませんでした。
何で今まで賃貸オークションが盛り上がらなかったかというと、出品物件に割安感がなかったから。ところが今回は、誰が見ても割安賃料の部屋が出品されてます!賃料1万円からスタートしてる部屋もある!これなら入札してみたくなる!

「家賃は入居希望者が決める」そんな時代の幕開けです!

賃貸オークションを開設したのは、ディックスクロキグループのCMJが運営する「賃貸マーケット」
その仕組みと今後の展開について、取材できましたので、レポートします。

● どんな仕組み?
・まずは会員登録(無料)
・希望物件に入札
・入札期間は2週間
・入札期間終了すると上位入札者から最終意思確認(上位3名まで)
・信販会社の審査
・契約手続き

● 今後の展開
今回、賃貸オークションに出品された7物件に次いで、第2弾の物件も用意がされている!今回のオープニングの反応を見て、オークションの方法なども改良していく予定。

● お得なニュース
今回「賃貸マーケット」ではこの賃貸オークション開始キャンペーンとして落札価格を当てた人に、バリ島旅行をプレゼントする企画があり!キャンペーン開始は7/23を予定。(もちろん、当選者が多い場合は抽選)。このプレゼントの応募資格は、会員はもちろん、会員以外でもOKとのことなので、運試しに応募してみてはどうでしょう。


賃貸オークション制度、「入居者が家賃を決める」。
本来、賃料はマーケットが決めるモノ。このオークションシステムが成功し、より良い賃貸物件の供給につながることを期待したいですね。

(詳しくは、「賃貸マーケット」をご覧ください)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。