そろそろ寒くなってきましたね。衣装の入れ替えはもうお済ですか?冬の衣装ってただでさえかさばるから、収納するところがなくって大変ですよね。せっかくクリーニングしておいたのに、押入れにぎゅーっと詰め込んでおいたから、出してみたらしわだらけ…なんてことはありませんか?また、「久しぶりに着ようと思って出してみたら、虫に食われていた!」なんて経験がある人もいるかもしれませんね。

みんなが頭を悩ませている、使わない衣類の収納・保管について、今回は画期的なサービスをご紹介しましょう。

東京都にある老舗のクリーニング店「喜久屋」さんでは、なんとクリーニング料金のみでオフシーズンの衣料を最長で約6ヵ月間預かってくれるそうなんです。しかも、クリーニング店に持っていく必要はなく、宅配便での受け渡しOK。
このクリーニング&クローク(保管)サービスは「e‐closet(イークローゼット)」と呼ばれるもので、2003年10月16日にスタートしたばかりなのです。

■「e‐closet」とは?



まず、ネット上でメンバー登録をします。次に衣類を送るために必要なバックなどが入った集荷キット(無料)を注文します。すると、数日のうちに集荷キットが届きます。

集荷専用バックに預けたい衣類を梱包し、宅配便(ヤマト運輸)で送ります。衣類が到着したらすぐに検品し、すぐにクリーニングが必要な場合は工場へ。そのほかのものは畳みなおして集荷バックに再度収納し、ウエイティングルームでクリーニング工場の繁忙期が過ぎるまで、保管されます。このころ、料金請求メールが送られてきますので、入金します。

工場の繁忙期が過ぎたら、いよいよクリーニングされ、その後専用のキーピングルームでハンガーにかかった状態で保管されるのです。

キーピング期間が終了したら、衣類が発送されてきます。この期間が最大6ヵ月間ありますから、例えば、春夏ものの衣類をお願いすれば、次の春が来る直前まで預かってくれるというわけなんです。便利ですね。