人生の大きなターニングポイントとなる結婚。その日から、新たな生活がスタートしますね。嬉しさ反面、出費がかさむのが悲しいところ。結婚費用、新居の準備、家具、家電などなど、いったいどのくらいお金がかかるのか、検討もつかな~い!なんてことはありませんか?
「お金がなかったら、親に頼るからいいや~」なんて甘えていないで、現実をしっかり把握しましょう!

新居にかかる費用は?


かぎ
夢膨らむ新居。楽しい生活にしたいですね

まずは新居にかかる費用。分譲を購入するか、それとも賃貸にするかでかかる費用は大きく異なりますが、ここでは賃貸住宅を選んだ場合を取り上げてみました。

<賃貸を借りるための費用>
・礼金   家賃の0~2ヵ月分
・敷金   家賃の2~3ヵ月分
・仲介手数料  家賃の1ヵ月分
・前家賃    最大で家賃の1ヵ月分
・火災保険などの加入料  2万円程度
・駐車場代(敷金1ヵ月分+前家賃1ヵ月分程度)


・・・ざっとこの程度が必要になります。礼金や仲介手数料などは、ナシというケースもあったり、駐車場を借りたり、保険への加入、その他の手数料などが必要な場合もあるため、物件によって多少異なるものの、一般的には、部屋を借りるのは家賃の6ヵ月分程度必要。家賃が10万円なら、60万円の初期費用が必要なのです。これを目安に用意しましょう。もちろん、暮らし始めれば毎月の家賃や生活費も必要になることも忘れずに。

<賃貸条件によってこんなに初期費用は違う!>
●CASE1
(家賃10万円の場合)
●CASE2
(家賃10万円の場合)
礼金2ヵ月(20万円)礼金0(0円)
敷金2ヵ月(20万円)敷金3ヵ月(30万円)
仲介手数料1ヵ月
(10万円)
仲介手数料なし(0円)
前家賃1ヵ月
(10万円)
入居日からの
日割り家賃
合計 60万円合計 30万円~
(※民間の物件は礼金・敷金がかかるケースが多い)(※公共の賃貸は、礼金、仲介手数料がなく、敷金3ヵ月と日割り家賃がかかる程度)



新居の準備にかかる費用は?


家具、家電、新居への引越し、さらにこまごまとしたものまで、実にお金がかかるもの。特に家具や家電を下見に行くと、ついつい目移りしてしまいがちで、いいものが欲しくなってしまいます。
でも、考えようによっては費用を削ることができる部分もココ。まずは、欲しいものをリストアップして費用を概算し、予算オーバーならそこから削れるものをピックアップしていく方法がオススメ。

ちなみに、結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート発行、2003年)の調べによると、新生活の準備にかかった費用の平均は、約178万円。主な内訳は、家具の購入は約62万円、家電の購入が約44万円、賃貸費用が約32万円となっていました。

では、どんな家具や家電を購入すればいいのでしょう?→次へ