最近は、女性の社会への進出率が高くなり、共働き夫婦が増えています。出産しても、また職場に復帰し、育児と仕事の両立をしているケースも少なくありません。そして、その生活をうまく送るために欠かせないのが、夫の家事への協力。家事や育児を分担しあい、夫婦二人で子育てや食事の支度、洗濯、掃除などを行うことが、家庭円満の秘訣ともいえるでしょう。

そして、それをスムーズに助けるために、ちょっと知っておいて欲しいのが「家事動線」。家事動線とは、家の中で炊事や洗濯などの家事を行うときに動くラインのことを差します。実は、これがスムーズかどうかによって、家事効率がぐっと違ってくるのです。
自分で設計して建てる家ならば、好きなように間取りを考えることも出来ますが、賃貸ではすでにある間取りの中から選ばなければなりません。自分で設計することができないのなら、家事効率のいい賃貸住宅を選ぶ目を養いましょう!

※今回は、3DK以上の間取りタイプについて検証してみました。

>>>まずは、3DKタイプの間取りから・・・