分譲マンションに引けをとらない高品質な賃貸の供給が増えています。
「クレストコート池袋」は、2007年1月に竣工予定をしている賃貸マンション。一足早くモデルルームが公開されたので、取材に行ってきました。この物件も従来のワンルームマンションとは、プラン、品質ともに上。こういう賃貸が増えてくると賃貸派としては、物件の選択肢が広がって嬉しいですね。今回は、そのレポートです。

「少し広めのワンルーム、求む!」

外観
池袋駅から徒歩5分、地上14階建ての賃貸マンション。その室内は・・・?

「『広めの賃貸を探しているけど、ワンルームの狭いアパートじゃなくて、もう少しリッチに一人暮らしがしたい』という思いで部屋を探していたけれど、結局いいものがなくて分譲マンションを購入した」という話を聞くことがあります。実際、30~40平米程度のワンルームを探しても、なかなかこれ!と思えるものに出会えないと、分譲マンションにも目がいきますよね。
でも、一度購入してしまうと、引越ししたくてもなかなかできないし、ローンもずっと続くし・・・と悩むことも。

そんなとき、ちょっとハイグレードなワンルームの賃貸マンションがあったら、嬉しいなと思いませんか?一般的なワンルームより倍ぐらいの広さがある「クレストコート池袋」は、池袋駅から徒歩5分。早速、今回募集と管理を受託している「アソシエート」の金澤社長に案内していただきました。

防音対策が徹底している!

トランクルーム
【A】高級感のある玄関の脇にあるトランクルーム。収納力は十分
まずは玄関。木目調の大型扉は重厚感があり、賃貸にはない高級感が漂う。玄関左横にある扉は、トランクルーム【A】。ゴルフバックやスキー、スノボーもラクに入りそうだ。これが、全戸についているというから、嬉しい設備ですね。


防音室のドア
【B】防音室の扉
防音室のドアオープン
【C】見よ!この防音室の壁の厚みを!
窓
【D】二重サッシを採用した窓。外部への音漏れを防ぐだけでなく、外部からの音も遮断できる
さて、室内の一番の特徴は、「防音設備が徹底している」こと。総戸数130戸のうち、防音設備が施されているのは40戸ですが、この防音ルームが優秀。この写真【B】の取っ手を開けると・・・?防音扉【C】は、グラスウール(※)を内蔵した、有孔吸音機構を採用し、窓ガラスも二重サッシ【D】になっているため、音が外にもれる心配がありません。

(※ グラスウールとは、綿状になったガラス繊維のこと。断熱性・吸音性が高いため、断熱材、吸音材に使われる)


防音ルーム
【E】完璧な防音ルームなら、思いっきり音楽を楽しんだり練習することができますね
そして、防音扉を閉めた状態の部屋がこれ【E】
どうですか!下界とまったく遮断された空間ができました。これなら、近隣住人に気兼ねすることなく、思いっきり音楽に没頭することができそうです(ただし、一部楽器種類、演奏時間に制限があります)。


>>>防音ルームのほかにも魅力はたくさん!