まだまだ寒さが続きますね。外から帰って、温かい部屋でくつろぎたい…。とはいえ、賃貸住宅の質はまだ低いものが多く、部屋の中でも寒いことも。暖房だけに頼らない寒さをしのぐ方法はないでしょうか。

寒さを防ぐにはまず隙間から


部屋に冷気をもたらすのは、開口部、つまり窓やドアから入ってくるのがメイン。となれば、まずはそこを防寒対策しましょう。

カーテン
賃貸の場合、はじめからカーテンが付いていることはあまりない。自分で長さを測って窓枠より長めのものを掛けよう。腰高窓に床までのカーテンを使うのもいい

☆ガラス窓は厚く覆う
カーテンは厚めのものを使うこと。できれば保温性の高いものにして、窓より大きめにするのが効果的。レースカーテンしかないようでは寒さも防げない。厚いカーテンがなければ、毛布や洋服などで覆うだけでも違う。

☆窓やドアの下の部分に毛布をおく
寝ている時に感じる、下のほうからすうっと入ってくる冷気を防ぐと寒さが和らぐ。寝室や、自分の寝ている場所の一番近くの窓やドアの下の部分に、毛布や布団などを丸めておくといい。もちろん、寝室だけでなくリビングなどでも実行すると○。

☆ふすまや仕切りドアには目張りを
室内のふすまやドアにクッション材で目張りをしよう。ただし、暖房器具を使用するときには一酸化炭素中毒になりやすいので、必ず定期的に換気をすること。

☆雨戸を閉める
雨戸があれば夜には閉める。冷え込む前、夕方早目に閉めたほうが室内の温度が下がりにくい。

>>>それでも寒いときには?テクニック編