実際に設備を見てから採用を決める人が増えている!

INAX加藤氏
株式会社INAX東関東支社加藤英徳氏。営業として感じたお話などを聞かせてくれました。
INAX加藤氏(以下「加藤」):営業という私の立場からも、ショールームはもっと増えて欲しいですし、たくさんのお客様に来場していただきたいです。弊社の商品はこんなに優れているんだ、ということを一番理解していただけるのがショールームですからね。

猿田:お客様は実物を見て、そのリフォームプランや予算に納得したがっているのではないでしょうか。

加藤:一昔前は、業者が提案してきた設備商品については「鵜呑み」にしていたお客様ってたくさんいると思うんです。でも今のお客様は「実際の商品を見たい!」とおっしゃる方がほとんどです。

大野:私も実際にお客様とリフォームの打ち合わせをしていて、お客様がショールームで実際に触ったり、使い勝手を試しているものほど、ご採用いただくケースが多いように感じます。そして予算オーバーであっても、納得して1~2ランク上の設備をお選びいただくケースも少なくありません。

無駄のないリフォームのためには「優先順位」を

INAX山本氏
スタッフの方々からは、ただの「展示」ではなく、お客様が気軽に相談してもらえる空間を作ろうとしている様子が感じられました。
大野:リフォームを検討中の方にアドバイスがあったらお願いいたします。

猿田:予算をオーバーしてしまいそうな時こそ、ショールームをしっかりと活用していただきたいですね。自分が本当に必要としているリフォームなのかを確認できますし、どうしても予算厳守しなければならない場合でも、「絶対にゆずれない部分」を明確にする上で非常に役立つはずです。

山本:ショールームは情報を仕入れることのできる場所です。リフォームのお金の「優先順位」を決める場所でもあります。ぜひ気軽に立ち寄っていただきたいです。

加藤:弊社商品がいかに優れているかということを、ぜひお客様に体感していただきたいです(笑)。

大野:お客様がショールームをもっと身近に感じていただいて、もっと利用してくださるようになれば、リフォーム費用や、その費用で得られる満足度合いなども理解が進むような気がします。本日はお忙しいところ、誠にありがとうございました。

10万円でも大満足のリフォームが可能である一方、1,000万円以上かけても後悔だらけのリフォームになってしまうことだってあるのです。リフォームを検討する上で大切なことは、相場がいくらなのかではなく、自分や家族にとって価値のあるリフォームであるかどうか、そしてそれがいくらかかるのか、ということだと思います。じっくりとショールームを活用することで、無駄遣いリフォームはかなり防げます。まずは気軽にお近くのショールームに立ち寄って、ご相談されてみてはいかがでしょうか。




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。