Q:「介護リフォームで補助金はいくらもらえるのですか?」
介護
介護することもされることも、もはや他人事ではありません。あらかじめ介護リフォームについて知っておきましょう。
高齢の母親が車イスでの生活を余儀なくされました。いろいろと住宅を改修しないといけないと思うのですが、介護保険や自治体から補助金が出ると聞きました。どのような制度で、どのくらいの金額が補助されるのでしょうか。

A:「介護保険では20万円まで9割の補助が受けられます。また自治体ごとの助成制度もあります。」
介護保険制度では、「要支援」または「要介護1~5」と認定された在宅の方で、住宅改修が必要な人に対し、一生涯で20万円まで、住宅改修の9割を補助してくれます。ただし、改修内容については条件がありますから、必ず事前にケアマネージャー(介護支援専門員)などに確認しておきましょう。また各自治体などで、高齢者住宅改修費支援制度や障害者住宅改造費助成制度が用意されていることもあり、助成額はそれぞれ異なりますから、自治体の相談窓口に事前に相談してみると良いでしょう。

介護保険制度なら介護リフォームに9割補助が

40歳以上の人なら保険料を負担している「介護保険」。2000年の制度スタート以来、だいぶ定着してきたように思いますが、どのような制度なのかは、実際に介護を必要としないとわからないことも多いはずです。

特にリフォームという視点で介護保険を考える時、介護を必要とする方のためのバリアフリーリフォームへの助成制度があるということを忘れてはいけません。介護保険制度において「要支援」または「要介護1~5」と認定され、在宅で生活し、住宅改修が必要とされる人に対し、20万円までの介護改修について、1割の自己負担でリフォームすることができるのです。

この20万円という枠については、一度に使い切る必要はなく、数回に分けて改修を実施することもできます。また「要支援」「要介護」のランクが3段階以上あがったとき(例えば要介護1の人が要介護4になった場合など)や、転居した場合などは改めて20万円まで給付を受けることができます。

介護保険が適用になるリフォームには条件がある

トイレ改修事例
和式便器に洋式アタッチメントを取り付け、手すりを設置した場合。(画像提供:TOTO株式会社
介護保険が適用になる改修は、次のとおりです。
(1) 手すりの取り付け
玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手すりの他、出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます。
(2) 床段差の解消
引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、床工事などにより解消する場合に適用されます。
(3) 滑りの防止、移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
車イスが利用しにくい畳床や、歩行時に滑りやすい床を、フローリングや固い床材などに変更する場合に適用されます。
(4) 引き戸等への扉の取替え
介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に適用されます。また手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます。
(5) 洋式便器等への便器の取替え
和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい洋式便器への交換や、便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取替えに適用されます。

次のページでは、介護保険以外の補助制度や、介護リフォームを無駄にしないための秘訣についてご紹介します。