介護の原因となるケガとは?
骨折・転倒には十分な注意が必要です
若い人にとっては大したことのないケガでも、高齢者の場合だと介護に直結することも。そのなかでも、「骨折・転倒」は要介護となる原因の1割近くを占めています。

骨折・転倒

高齢者の場合、骨折からの治癒に時間がかかることから筋力の低下を招き、そのまま寝たきりや車いす生活になる場合も多々あります。また、転倒によるショックで、うつ病のような症状が現れることもあります。

こうなると、外出時はもちろん、自宅内での移動にも介助が必要となります。また、動けなくなる程度によっては、食事や入浴、トイレなどの介助も必要です。精神的な動揺や落ち込みが激しい場合は、優しく声かけを行い、不安感を取り除くようにしましょう。

そもそも高齢者は、筋力の減退や白内障などによる視力の衰えが重なって、転倒事故を起こしやすくなっています。しかも骨粗しょう症によって骨がもろくなっていることが多く、若い人なら単なる打撲で済むようなケースでも、骨折してしまうことが珍しくありません。骨折しやすい部位としては、手首、股関節部、脊椎、肩関節部などが代表的です。

住宅内の段差をなるべく無くすなどバリアフリーの環境を整えたり、筋力が衰えないように軽い運動を行うなど、転倒予防が重要です。

骨折・転倒について詳しい情報は、下記のホームページからご覧いただけます。
転倒・骨折はセカンドライフの命を縮める - [50代からの健康法]All About
女性は男性の3倍の発生率!大腿骨頚部骨折 - [女性の健康]All About
意外に多いのはリビングなどで転倒するケース! 家の事故 普通の部屋が危ない!

介護予防のために知っておくべきこと」に戻る。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で介護用品を見る

Amazonで介護用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項