雨樋掃除と屋根点検はタダで出来る雨漏り予防策

雨樋
雨樋から雨水が勢いよくこぼれていたら、詰まっている可能性があります。チェックしておきましょう。
雨樋は住まいにとって大切なパーツです。見えにくいところですが、雨の日に雨樋から一気に水が垂れてきているところなどは、砂や枯れ葉などがたまっている場合がほとんどです。これを放っておくと、屋根材の裏側にまで雨水が入り込んでしまうといったトラブルにつながりやすくなります。

雨樋の掃除は材料も不要なので難しくありませんが、はしごが必要になる場合には転落事故に十分注意しましょう。また雨樋が破損していたり、高所作業に自信がない場合は、リフォーム業者に作業を依頼するようにしましょう。普段から付き合いのある業者なら、5,000~15,000円程度で作業してくれるはずです。

また屋根材が割れていたり、外れていた場合には、できるだけ早めに修理をお願いしましょう。こちらはやはりリフォーム業者に依頼した方が無難ですが、くれぐれも突然訪問してきて「屋根材が落ちそうになっていて危ないので、無料点検してあげます」という業者には要注意。やはり信頼関係のある業者を普段から見つけておくようにしましょう。

【関連記事】
悪質リフォーム業者を困らせる見積り交渉術
住まいを長持ちさせる屋根リフォームの費用

フローリングのキズは簡単に直せる!たわみは早めに相談

フローリングのキズ・ヘコミ
フローリングの小さい傷は補修剤で十分DIYできます。
フローリング表面は普段の生活において、結構キズがついてしまうものです。食器を落としてしまったりして、へこみや小さな穴が開いてしまったら、できるだけそのままにせず、補修剤で修理しておきましょう。

フローリングの色に合わせたクレヨン型の補修剤などを使えば、比較的簡単に補修できます。キズが大きい場合は、パテなどでくぼみを埋めていきます。数cmのキズを補修するくらいなら、材料費も1,000~3,000円程度で済みますし、仕上がりもきれいです。

床がフカフカしたり、へこみやたわみがある場合は、床下地材(根太・大引)の腐食も考えられます。DIYでの補修はかなり難しいので、リフォーム業者に相談しましょう。必ず気になる箇所をしっかりと現場調査してもらうことをお忘れなく。

【関連記事】
失敗しないフローリングリフォームのツボ

水道メーターで無料漏水チェック

水道メーター
水道メーターは戸建なら敷地内に、マンションなら共用部通路付近に設置されています。
雨水や結露によって建物構造部などが腐食する以外にも、水道管から水が漏れていて、建物内部を腐食させてしまうことがあります。1階床下や壁内部で漏水が起きてしまうと、見えないところであるがゆえに発見が遅れ、柱や土台部などが腐りやすくなってしまいます。

水道を使っている住まいなら、どこにでもある「水道メーター(量水器)」を見るだけで簡単に漏水しているかどうかがチェックができます。住まい全ての設備で蛇口などを締めているにもかかわらず、メーターの軸が回っているようであれば漏水の可能性があります。至急、水道工事業者に漏水調査を依頼しましょう。調査費は2万~4万円程度です(簡易調査の場合)。

住まいを長持ちさせるにはメンテナンスが絶対必要!

メンテナンスそのものは決して難しいものではありません。しかし単純すぎて、おろそかにしてしまうことの方が多いようです。数千円程度のメンテナンスをすることで、リフォームのサイクルをかなり延ばすことができ、長い期間で考えると数十万円~数百万円の差が出ると思われます。

長い休日や年末年始など、我が家を見返してみるタイミングを設けて、楽しくDIYに取り組んで、大切な住まいを長持ちさせてあげましょう。



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。