我が家をメンテナンス
ちょっとした補修をしたかどうかで、住まいの寿命が変わってきます。長持ちさせてリフォーム費用を抑えましょう。
住まいを長持ちさせるためには、常日頃のチェックやメンテナンスが必要不可欠です。ほんの少しの補修なら数千円~数万円で済んだのに、手遅れになって数百万円のリフォームが必要になったという話をよく耳にします。

そこで今回は、大掃除のついでに簡単にできるDIY(日曜大工)リフォームで、住まいを長持ちさせるためのチェックポイントをご紹介します。自分で早めに補修すれば、リフォーム費用も節約できます。また今後のリフォーム計画もきっと立てやすくなることでしょう。

数千円の塗装DIYが家の寿命を左右する!?

ローラー塗り
塗料の用途と施工手順をしっかり読んで、きれいにDIYしましょう。(画像提供:ニッペホームプロダクツ株式会社
屋外にある鉄製の手すりや柱、門扉、木製デッキなどは、常に雨風や直射日光などで劣化が早く、腐食してボロボロになりやすいところです。外壁や屋根といった住まいの全塗装は専門の業者に任せた方が無難ですが、部分的な補修、それも数m²程度の小さな箇所であれば、自分でやってみることもできますし、何より安上がりです。

ホームセンターなどで塗料と刷毛、養生(周囲を汚さないようにカバーしておくこと)用のマスキングテープ、そして鉄部を塗装するのなら、いきなり塗装するのではなく、現在の塗膜や錆びを剥がしてからでないとうまく塗れませんので、サンドペーパーを購入して、塗装箇所を研磨してからペンキを塗っていくようにしましょう。ちなみに、ここまでの材料費は1m²分で約800円~2,500円程度のはずです。

気を付けておきたいこととしては、塗る部分の材質に対応した塗料と施工方法を守るということです。材質や現状の状態によって、錆び止め塗料や塗料の接着性を高める「シーラー」が必要になる場合もあります。また高い場所を塗る場合には、転落事故のないように十分安全に配慮して作業しましょう。そして自分には難しいな、と感じたら無理をせず、身近なリフォーム業者に相談するようにしましょう。

【関連記事】
外壁塗装 どうしてこんなに値段が違うの?

ひび割れ補修は数千円。放っておくと「ン百万円」!?

外壁のひび割れ
外壁のひび割れを放っておくと、建物構造部まで腐食・侵食が進んでしまいます。
モルタル外壁のヒビ(クラック)や、サイディング材のつなぎ目部など、放っておくとここから雨水などが侵入し、外壁が剥がれ落ちたり、雨漏りや建物構造部の腐食といったトラブルにつながり、大掛かりなリフォームが必要になることも多いのです。

他にも窓枠や換気扇回りなど、雨水などの侵入を防いでいるはずの防水処理が劣化していないかも一緒にチェックして、必要に応じてコーキング剤などを使ってDIYしておきましょう。

コーキング剤
ホームセンターや金物店などでも手に入る、コーキング剤で補修しておきましょう。(画像提供:セメダイン株式会社
コーキング剤を使うときは、養生用のマスキングテープと、「コーキングガン」と呼ばれる工具(右写真)で施工すると仕上がりもきれいで便利です。ホームセンターなどで1組2,000円程度で購入できます。上手に仕上げるポイントは、一定の力でコーキングガンを握ることと、あまりこねくり回さないこと。何度もやり直すとかえって仕上がりが汚くなります。

また在来浴室タイルのヒビや剥がれなどからも水が土台や基礎部に浸透し、浴室付近の構造部を傷めてしまっていたり、2階ベランダ床のクラックから1階居室に雨漏りしたりということもありますので、こういった箇所を見つけたら早めに専用の補修剤(数千円程度)で補修して、リフォーム業者などに今後の対策を相談しておきましょう。

【関連記事】
外壁メンテ・リフォームにはいくらかかる?

次のページでは意外と見落としがちな部分のチェック及びDIYについて、費用とポイントをご紹介します