システムバスルーム
最新型のシステムバスルームは保温性やメンテナンス性に優れており、浴室リフォームの主流と言えます。(画像提供:株式会社INAX
浴室は日本人の住まいにとって、とても重要な場所の一つです。疲れを癒す空間としてだけでなく、小さなお子様がいるご家庭ではコミュニケーションの場所として、あるいは忙しい社会人の方にとっては、ストレスを洗い流し、気持ちを入れ替えることのできる場所として、リフォームにおいても重要視される部分と言えます。

ご家庭でも手軽に機能的で美しい浴室にするためによく用いられる住宅設備として「システムバスルーム(ユニットバス)」が挙げられます。従来の浴室(在来浴室)の弱点を解消し、様々なオプションを取り入れた、リフォーム設備の一つです。

今回はシステムバスルームのリフォームを検討するときのポイントやオプションアイテム、そして概算費用をご紹介します。

「浴室サイズ」が違えば費用も異なる

システムバスルームでは、一般的な住宅(戸建て・マンションともに)のサイズに合わせて、いくつかのサイズが設定されており、そのサイズによって費用も異なっています。それらの中から、我が家に合うサイズ、デザインや機能を選んでいくというのがシステムバスリフォームの重要なプランニングになります。

システムバスメーカーでは「1216」とか「1721」といった品番を使ってサイズを表しています。例えば浴室の内寸が1200mm×1600mmの場合、これらの数値の上2桁をそれぞれ用いて「1216」と表記しています。メーカーによっては浴室内寸が1650mm×2100mmのものを繰り上げて「1721」と表す場合もありますが、この品番でシステムバスのおおよそのサイズがすぐにわかるようになっています。

現在のシステムバスから新しいシステムバスへの入れ替えを検討されている方であれば、現在の浴室内寸を測ることで、入れ替えできるサイズがわかると思いますが、在来浴室の場合は既存のタイル壁などをどこまで壊す必要があるかを判断し、建物の状況なども考慮し、設置できるシステムバスのサイズに制約が出てきますので、まずは工事業者とサイズについて相談してみると良いでしょう。

それではサイズごとの概算工事費用を見てみましょう。
システムバスのリフォーム費用相場

【システムバスのリフォーム費用相場】サイズによって相場価格帯は大きく異なります(システムバス本体は普及価格帯商品を想定)。


在来浴室からシステムバスにリフォームする場合は、現在のタイル壁・床を解体し、廃材を撤去する必要があるため、一般的には古いシステムバスから新しいシステムバスへの交換する場合に比べ工事費用が10万~20万円程度高めになります。

この他にも、リフォームをされるお住まいの状況やプランによって、工事費用は変わってきますが、浴室リフォームを計画する上で重要となってくる部分を次のページでご説明します。