薬はきちんと使ってくださいね
薬は、開発時に正しく飲むことを前提としてデータを取っています。そのため、正しい効果を得るためにも、思いがけない副作用を避けるためにも、正しい薬の飲み方の基本を理解しておきましょう。

コップ一杯の水(白湯)で飲む

薬を水(白湯)と一緒に飲む理由は、「薬を水で溶かして吸収を促す」ためです。

水なしで薬をそのまま飲む人がいますが、薬がのど(食道)に引っかかったまま溶け出し、食道の炎症を起こして潰瘍になることもあります。また、薬によっては、水なしで飲むと溶けずにそのまま排泄されることがあります。必ず、コップ一杯ぐらいの水は飲むようにしてください。
※トローチ・舌下錠・チュアブル錠など、水なしで飲めるものは除く

また、水以外の飲み物で飲む人もいるようですが、薬によっては、柑橘系のジュースや牛乳などで飲むと成分が変化したり、薬の効果が弱くなるものもあります。

以前は、緑茶、ウーロン茶などのお茶で飲むと、一部の薬の成分(鉄剤)がお茶のタンニンと反応してしまい、吸収されづらくなると言われてましたが、今は特に影響がないとされています。

詳しくはこちらをご覧ください。
お薬の基礎知識Part5 注意したい薬の飲み合わせ>>

また、あまり知られていませんが、何を食べたかによって、薬の吸収に影響をもたらすことがあります。例えば、バナナやパイナップル、納豆は、抗生物質や高血圧のお薬、お肉などの高たんぱくの食事は高血圧のお薬、揚げ物など油分の多い食事は、喘息薬や抗生物質など、影響を受けることがあります。

その他、魚やアルコール、カフェイン、タバコなどもお薬の効果に影響を与えてしまうことがあります。詳しくはこちらをご覧ください。お薬の基礎知識part7 薬と食べ合わせの関係>>

薬を飲むタイミング

お薬の袋や外箱には、薬を飲むタイミングが書かれています。実際、食事をしてからどのくらいで飲めばいいか、食事ができない場合はどうすればいいかなど、よく分からないという方も多いようです。

  • 食前……食事の30分前ぐらいに飲みます。
     
  • 食直前……食事を取る10分ぐらいを目安に服用します。
     
  • 食後……食事が終わった後、大体30分以内に飲んでください。
※空腹時に飲むと胃に影響があるため、食後という指示をしていることもありますが、食後に飲む習慣をつけて飲み忘れを防ぐためという理由もあります。抗生物質など決まった時間に飲まなくてはならないものは、簡単なスナックを食べてから飲むか、食事が取れなくても服用することができます。
  • 食間……食事の前、または食事の後2時間以内に飲みます。
※「1日3回、食間」は、2通り飲み方があります。
A:朝食前2時間、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間
B:朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、夕食の後2時間後
どちらに該当するかは、かかりつけの医師・薬剤師さんに相談してみてください。
  • 頓服(とんぷく)……病気の症状に応じて、その都度飲む薬です。病気や体質によって違いますので、窓口で確認してください。
詳しい理由などは、こちらをご覧ください。お薬の基礎知識Part6 薬の基本的な飲み方>>

薬が入っている袋を見ていただければわかるように、「食後」以外にも飲むタイミングは色々あります。薬は食後と思い込まず、必ず確認するようにしましょう。

安全性と効果を確かめて開発されている薬ですが、どうしても副作用が起こる場合があります。しっかり理解しておくことが大切です。
   ⇒4.薬の副作用 >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項