熱中症予防のポイント

真夏の屋外レジャーは熱中症の危険と隣り合わせ……しっかり予防しましょう!

真夏の屋外レジャーは熱中症をしっかり予防を!

熱中症はちょっとした工夫で予防できる病気。正しい予防のポイントを紹介します。

■温度の把握・休憩時間・休憩場所の管理

  • スポーツやアウトドアを行う日の天気・湿度・最高気温(特に体温の36度より高い時は大変危険)に注意し、熱中症のリスクの高さを把握しておく
  • 暑い日の屋外スポーツでは、15~20分ごとに必ず休憩を取る
  • 広いスポーツ会場などでは、体調が悪くなったときに休めそうな日陰などの涼しい場所を必ず見つけておく
  • 熱疲労を予防するため、体調が悪い日は不要の外出を控える
  • 屋内でも気温に注意しましょう。汗がたくさん出る屋内でも熱中症は起こります

■帽子・服の工夫

  • 直射日光を避けられるため、日中は帽子をかぶる
  • 熱を反射する効果がある白っぽい色の服を着る

■飲み物の選び方・飲み方

  • スポーツドリンクなどのイオンを含む飲料を用意しておく(塩分0.1~0.2%と表記のあるものがよい)。飲み物の温度は、ほどよく冷えた5~15度がベスト
  • 水分補給の量は体重の2%を目処に。例えば50kgの場合は1リットルが目安
  • 運動前には250mlから500mlを数回に分けて飲む
  • 運動中は約20分ごとに1口から200mlずつ飲む

子供にさせるべき熱中症予防

自己管理や判断ができる大人と違い、子供の場合は遊びやスポーツなどに夢中になるあまり、体の危険信号に気づくのが遅れて、熱中症になってしまうことが少なくありません。近くで見てあげられるときはよいのですが、子供が一人で遊びに出かけるときは、以下のことをしっかりと言い聞かせておきましょう。

  • 少しでも疲れたと感じたら、日の当たらない涼しい所で休むこと
  • のどが渇いていなくても、外にいるときはなるべく飲み物を飲むこと
  • 気持ちが悪くなったら、周りにいる大人に早目に伝えること

しっかりと管理して、熱中症を予防しましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項