チョコレートはカカオマス70%以上のものを召し上がれ。

チョコレートはカカオマス70%以上のものを召し上がれ。

低GI食品として食後の血糖上昇を抑える加工食品のPRを目にするようになりましたね。それはそれで結構ですが、脂肪を添加して食後の血糖を穏やかにしたとすれば、いいのか悪いのか分かりません。分かりやすくご説明しましょう。


体への良し悪しはどう決まる?

最近は「血糖値が気になる人」向けのテレビコマーシャルをよく見ます。いろいろな情報があふれていますが、私たちはどう判断すべきかを考えてみましょう。

一つの例としてバターを取り上げてみましょう。50年以上前の世界中の食生活が貧しかった頃は、バターをたっぷりと使った料理はごちそうでした。それがコレステロールが話題になるといつの間にか悪役になって、最後はバターを使った料理を客が嫌がるようになりました。同時に植物油から作ったマーガリンがヘルシー食品になりました。ところがマーガリンに多く含まれるトランス型脂肪酸がより危険だとする研究が発表されるとまた評価が逆転です。

今ではトランス型脂肪酸の少ないマーガリンはやはりバターより心臓に優しいという説もあります。さて、バターとマーガリン、どちらがヘルシーなのでしょうか?

この答えですが、実はまだよく分かっていないのです。もっと大規模な治験をしなければ、という意見もありますし、スタディデザインが不備だからもっと厳密にしようとか、同じ実験を他のグループに行って検証しようという意見もあります。

これらの実験の試行錯誤は、糖尿病によいと言われている食品やサプリメントに関しても同じなのです。

さあ、困りましたね。

多くの専門家は何ごとも「度をこさない程度」を勧めています。薬だって医師の処方量を守るからちゃんと効く薬になるのであって、欲張って2倍、3倍も服用すれば体を傷つけることもあるでしょう。食物だって同じなのです。

どんな食物でも時どき食べる分には悪い物などあろうはずがありません。たとえばアブラナ科の野菜のガン予防の話は有名ですが、昔はアブラナ科の野菜には軽い毒性があることが知られていました。その物質がからだの免疫力を刺激して高めるので結局は抗ガン効果が生じるという話ですから、ブロッコリや芽キャベツを山のように食べたってお腹の具合が悪くなるだけで、あまり意味がありません。
このセオリーを踏まえてコーヒーやチョコの上手な楽しみ方についても考えてみましょう。

コーヒーは甘くしすぎず3~4杯ならOK

最近の研究によると、コーヒーを毎日飲むと肝ガンのリスクを始め、アルツハイマー病、パーキンソン病、2型糖尿病、うつ病、胆石のリスクも下がるといわれています。一方で、専門家は期待できるが確たる証拠はないと言っています。逆にカフェリンの取り過ぎは食後血糖値を上げ、血圧やコレステロールにも悪影響を及ぼすとも考えられているのです。

糖尿病者がコーヒーに生クリームや砂糖を入れて一日何杯も飲んでいるとすれば問題ですね。現在のお薦めは一日あたりカフェイン400mg以下ですから、一日3~4杯のコーヒーというところですよ。これなら我慢することはありません。

チョコレートはカカオ成分が高いビュアなものを

チョコレートがからだにいいという説は多くあります。脳の機能を高め、血圧を下げ、心血管イベントを減らし、コレステロールを下げるとします。一方でチョコレートはやはり高カロリー食品なので食べ過ぎは良くないことです。

専門家の意見はチョコレートをからだのご利益のために食べるのはやめよう!というものです。抗酸化効果ならもっとカロリーの少ないブルーベリーなどがありますから。そして、なるべくカカオ成分が70~80%と多いチョコレートを選ぶこと。成分表にいろいろな成分の表示がありますが、なるべく原材料の少ないもの(すなわち、ピュアなもの)を選ぶようにしましょう。

ほどほどに、お楽しみを!

□ 関連ガイド記事
もっと食べてもいいの? チョコレートと糖尿病
糖尿病予防にコーヒーが効く?!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項