嫉妬心は自然な感情だが、強すぎると問題に……

嫉妬心が強すぎるのは病気?

仲がよくても、相手に嫉妬心を感じることはあります

嫉妬心は人の心の感情のなかで、厄介なものの一つです。どんなに仲の良い関係であっても、時には、相手に対して、ちょっと疑念が生じてしまう事があるものです。

大部分の方は嫉妬心が生じても、何とか折り合いをつけられてますが、時には、嫉妬心がエスカレートしてしまう場合があります。相手への疑念から、しつこく行動を詮索してしまったり、帰宅が遅れる度に、身の潔白をいちいち説明しなくてはならなくなったら、家に帰る事自体が憂鬱になってしまいそうです。今回は、病的な嫉妬心について解説したいと思います。
 

病的な嫉妬心の具体例

もしも、二人で一緒に歩いていて、前から、格好良い人が通り過ぎて行った時、思わず、目で追ってしまったら、むっとするかもしれませんが、一応、正常範囲ですので、大目に見たいものです。しかし、嫉妬が度を過ぎてしまい、以下のような事が見られるようになったら要注意です。
  • 相手が他の人と親しげにしているだけで怒り出してしまう
  • 事実に反して、相手が不倫をしているのではないかと疑ったり、確信してしまう
  • 相手の行動をしつこくチェックする
  • 後をつけたりといった、スパイ行為をする
  • 相手が自分の目の届く範囲にいないと不安になる
  • 夜、一人で外出するのはダメといったような、拘束的なルールを作ってしまう
  • 自分が子供の本当の親であるか疑ってしまう
  • 付き合う前の性体験をしつこく聞き出そうとする
こんな時、あなたならどうしますか? このままでは、2人の生活が成り立たなくなってしまう可能性があり、別れるというのも、場合によっては選択肢でしょうが、相手が嫉妬深さを除けば、なかなか良い人であったり、幸せな思い出を共有している場合には、何とかして問題が解決できたら良いですよね。次に、精神医学的な見地から、エスカレートする嫉妬心を説明していきます。
 

嫉妬心が強すぎる場合は病気の可能性も

嫉妬深い人は、もともと、性格的に猜疑心が強かったり、自分にあまり自信を持てないといった事があるでしょうが、嫉妬心がエスカレートしてしまった時は、本人が心の病気に近い状態になっている事が少なくありません。

日常のストレスはそのきっかけになりやすいですが、子供の頃のトラウマを引きずってしまっている事もしばしばあります。例えば、子供の頃、不倫の為に不仲な両親のもとで辛い思いをしていた場合、大人になって、相手が親とは異なり、パートナーである自分を裏切ったりしない事を無意識のうちにいつも確認しておきたいといった事があります。そうした場合、事態を良い方向へ向けるためには、精神科等を受診されることも選択肢です。そうした場所で心理療法等を受ける事によって、嫉妬心が病的になってしまった背景に、自分がどんな心の問題を抱えているのかを理解し、嫉妬心に対する対処を身につけていけば、日常の葛藤がかなり減じていくはずです。

もし仮に、相手への疑念から、心が追い詰められてしまい、パートナーの後をつけるといったようなスパイ行動を取っていたり、事実に反して、相手が不倫をしているといった妄想が現れていたら、精神医学的な深刻さがレベルアップしていますので、より注意が必要です。そうした妄想は心の病気の代表的な症状の一つで、具体的な疾患としては、統合失調症や妄想性障害などでよく現われやすいです。また、脳血管障害などによって、脳内の組織が何らかのダメージを受けているなど、純粋な精神疾患とは少し問題が違っている可能性もあります。

それで妄想は、脳の機能のうち、認知や思考内容における問題症状といえます。妄想内容が嫉妬に限られている場合は、嫉妬妄想と呼ばれることもあります。また、妄想内容が嫉妬以外に例えば、他人が自分に対して何か悪い事を企んでいるといった被害妄想へ拡大しているような場合は、妄想の深刻さがかなりレベルアップしていますので、すぐ精神科で相談すべきです。妄想が生じる背景には、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れている…といった原因がありますので、それに対する薬物療法によって、崩れたバランスを修正する事が妄想の治療に、実際かなり有効です。

嫉妬は辛く、苦しい気持ちですが、外部の人からはなかなか、うかがいしれないものです。自分たちだけの問題にしてしまっている事も少なくないと思います。嫉妬心がエスカレートしている時には、心の病気の可能性もあることを、どうか覚えておいてください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項