脳内環境が病的になると場合によっては、感情面だけでなく、現実の認識力にも大きな変調が生じる事があります

心の病気の中には、「気持ちが冴えない」といった気分障害的な症状だけでなく、「宇宙人が自分にメッセージを送ってくる」など、精神病様症状も現われる統合失調感情障害と呼ばれるものがあります

心の病気の中には、妄想や幻覚など統合失調症で現れやすい症状と共に、気持ちの強い落ち込みなど、うつ病など気分障害で見られやすい症状が現われることがあり、症状の現れ方から「統合失調感情障害」と呼ばれるものがあります。

今回は、この統合失調感情障害の特徴、症状、診断基準、治療法などを詳しく解説します。

 

統合失調感情障害の特徴
統合失調症・うつ病との違いと診断基準の考え方

統合失調感情障害の発症率は人口のおよそ0.5~0.8%程度。性差は女性に多くなっています。統合失調感情障害の発症年齢は20代から30代にかけての若い年代が多く、女性の発症年齢は男性より幾分、遅くなる傾向があります。

統合失調感情障害の特徴はその名の通り、統合失調症などの精神病様症状と同時に、気分障害的な症状が現われることです。もっとも、これを統合失調症と気分障害を同時に発症していると見なすのか、それとも統合失調感情障害という単一の病気を発症していると見るのかには、微妙な点もあります。

ここでご留意いただきたいのは、心の病気は脳内に生じている一つ一つの不調に対して診断される訳ではなく、大まかに言えば「その時点までに生じている精神症状」と「それが日常生活に及ぼす支障のレベル」の2点が、診断の際の大きなポイントになります。さらに、その人の生活環境や、それまでの病歴なども総合的に考慮した上で、心の病気が診断されます。

例えば、うつ病は誰でもかかる可能性がある言わばありふれた病気という点から、「心の風邪」という別名もあるほどです。しかし、体の風邪症状ならば、その原因がインフルエンザを始めとする何らかのウイルスや細菌感染によるものなのか、血液検査などでさらに追及していくことも可能です。一方で、心の風邪と呼ばれるうつ病の場合、たとえ症状が強く、うつ病と診断されても、現時点ではその細かい原因を精密に追究していくことは出来ません。したがって、たとえ脳内に生じている不調が別々のメカニズムだとしても、現れている精神症状がうつ病と診断できるものであれば、うつ病と診断されます。

また、同じような観点から、うつ病と統合失調症は必ずしも全く別の疾患とは見なし難い面もあります。例えば、脳内に生じている不調のメカニズムによっては、うつ病的な症状と統合失調症的な症状が共に発現する可能性もあり、こうした可能性は、精神病様症状と気分障害的な症状が同時に現われている状態を統合失調感情障害という、一つの病気として見なし得る根拠にもなります。

統合失調感情障害の症状

統合失調感情障害では精神病様症状だけでなく、気分障害的な症状も現われます。これらの症状は、同時に現れるだけでなく、気分障害的な症状が寛解した後、しばらく精神病様症状が続くこともあります。

統合失調感情障害で現れやすい精神病様症状は、妄想や幻覚など。例えば、「自分の考えが誰かに抜き取られている」といった妄想、あるいは「自分の行動を逐次コメントする声が聞こえてくる」といった幻聴などが現れますが、これらの症状は統合失調症で現れやすい症状でもあります。

一方、統合失調感情障害で現れやすい気分障害的な症状は、「気持ちが全く冴えない。口数は普段よりずっと少なく、寝付きも悪くなった」といった抑うつ症状、あるいはその反対で、「気分はすこぶる上乗。饒舌になっていて、睡眠時間はあまり必要ない」といった躁症状、さらには抑うつ症状の一部と躁症状の一部がミックスしたような状態が現われることもあります。

統合失調感情障害の治療法

統合失調感情障害の治療法は、精神病様症状と気分障害的な症状を同時に生み出すほど、病的になってしまった脳内環境を薬物療法によって是正していくことがメインです。具体的な治療薬としては、気分安定薬であるリチウム製剤など、躁うつ病の治療で用いられる治療薬が中心になることが多く、個々の病態に応じて、抗精神病薬、睡眠薬、抗うつ薬なども用いられます。

統合失調感情障害に限らず、心の病気の予後を良好にするポイントは、出来るだけ早期に治療を開始することですが、家族のサポートも病気の予後を左右する重要な要素です。実際、長期間、精神病院に入院されている患者さんは、家族の方がいつ面会に来られるのかをよく気にかけていらっしゃいます。

統合失調感情障害では症状の現われ方が時に複雑で、サポートしていく側にとって、症状の現れ方が理解し難く、心理的負担が大きくなってしまう可能性もあります。病気に対して充分な理解を持つことは、患者さんをサポートしていく家族にとっても大きな課題! これは統合失調感情障害に限らず、うつ病や統合失調症など他の心の病気にも共通することです。

このストレス社会で生きている以上、心の病気は私たち皆にとって、既に充分、身近な病気になっていると思います。自分勝手な言い回しで恐縮ですが、敵に勝つためには、まずは敵を良く知る必要があります。皆さまも是非、心の病気への理解を日常的に高めていきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。