排卵障害だけではない女性不妊

女性不妊の原因とその検査方法、治療法は様々です。分かりやすく解説します。

ドクターは不妊原因を検査によって特定をします。主な検査の内容は以下の通りです。

1)排卵障害:血液検査(ホルモンの量を測定して調べます)
2)キャッチアップ障害:卵管通水とAIH(人工授精)
3)卵管因子:卵管通気・通水、卵管造影
4)着床・内膜因子:エコー
5)子宮頸管因子:ヒューナーテスト
6)子宮因子:エコー、子宮膣部細胞診(ガンの検査)
7)セックスレス:問診
8)免疫因子:抗精子抗体検査・クラミジア検査


不妊の理由が原因不明のままでも、妊娠するケースはよくあります

不妊の理由が原因不明のままでも、妊娠するケースはよくあります

これだけ見るとなんだか大変な気がしますよね。でもドクターは自分の経験と海外などの文献を基にしたEBMに則った検査を行なうと同時に検査的な治療を行なう事もあります。それはどういうことかというと、細かな検査をまとめて出来ないので、とりあえずタイミング療法など簡単に出来る治療から行なってみて、もしそれで出来たらたまたま時期的に異常があってそれが解消されたと判断する訳です。

意外とこれで妊娠する人も多いのです。また薬を投与してみてそれが反応するかどうかというのを診て、身体の状態を把握することもあります。

実はこのような検査を行っているにもかかわらず、最も多い不妊原因は「原因不明」なのです。これは今までのクリニック取材でもドクターが口を揃えて言われている事です。検査してもわからないことが多いということです。しかし原因が特定されると治療がしやすいわけで、色々と探っていくことになります。

それから不妊の原因が1つだけならいいのですが、複数ある場合も当然あるし、そして男性も女性も両方原因があるケースもあるわけでそう考えると原因不明になりやすいのも理解できますね。

女性の原因については理解して頂けたと思います。不妊原因の半分を占める男性不妊とはどういう状態かをご説明しましょう。
  ⇒ 3. 男性不妊とは? >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項