よくある呼吸器系の疾患

呼吸器系疾患で多いのは風邪などのウイルス感染を契機とした感染症、あるいは喫煙の影響です

呼吸器系疾患で多いのは風邪などのウイルス感染を契機とした感染症、あるいは喫煙の影響です

呼吸器系疾患を大別すると次のようなものがあります。
  • 呼吸器感染症……肺炎や気管支炎など
  • 気道炎症および関連疾患……気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)など
  • 間質性肺疾患……肺胞隔壁に病変をきたす疾患の総称。代表的なものに間質性肺炎
  • 血管性疾患……肺血栓塞栓症など
  • 肺腫瘍……肺がんなど
  • 胸膜疾患……肺を覆う胸膜の病気。腫瘍・炎症など
  • 縦隔疾患……縦隔とは両側の肺・胸膜に囲まれた中心部の空間。心臓・大動脈・食道・神経節・胸腺などが存在する。呼吸器系とは機能が異なるが、胸部疾患であるため呼吸器科で診療を行うことが多い
  • 遺伝疾患
  • 形成不全

最後に、呼吸器系の疾患の診断法についても確認しておきましょう。 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項