呼吸器系の病気の主な診断法

レントゲン
空気に富む肺を調べるには、レントゲン検査が基本になります
呼吸器疾患の診断には様々な検査法があります。症状や理学所見(聴診など、疾病毎の身体的特徴)などから疑われる病気必要な検査が選択されます。
  • レントゲン写真
  • 胸部CT検査
  • 血液検査
  • 肺機能検査
  • 動脈血液ガス分析
  • 喀痰検査
  • 気管支鏡検査
  • 胸部MRI
  • シンチグラム
  • ツベルクリン反応
  • 胸膜生検


受診すべき科

呼吸器系疾患については、内科呼吸器内科呼吸器外科・腫瘍内科・感染症科などで診療を行います。それぞれの病状に合わせて薬剤を選択しますが、原因となる疾患が非常に多いため、その内容も多岐に渡ります。去痰薬1つをとっても、痰を滑らかにして出しやすくする薬、痰そのものを減らす薬、気道を修復して痰を出しやすくする薬など、様々な種類を使い分けます。

どこを受診すればよいのかわからない場合には、まずは一般的な内科を受診してください。改善のない場合やあるいは特殊な疾患が疑われる場合には、必要に応じて呼吸器(内)科へ紹介されます。

内科検索
呼吸器科検索
呼吸器外科検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項