虫歯の進行度はC0~C4の5段階

歯を磨く幼児

子供のころから予防する習慣をつけて健康な歯を保ちましょう

虫歯の進行度は「C0(シーオー)~C4(シーフォー)」という5段階で表します。

C0とは、エナメル質表面が一時的に溶けている状態(脱灰といいます)ですが、虫歯の穴が無いため、あえて治療しなくても再石灰化という自己修復作用で、自然に治ってしまう可能性のある状態です。

C1とは……症状・進行度・治療法

■症状:虫歯による歯の脱灰がエナメル質にとどまったもの
(まれに水がしみる程度でほとんど無症状)

■治療法
白い樹脂などで穴を塞ぐ

C2とは……症状・進行度・治療法

■症状:虫歯による脱灰が象牙質まで進行したもの
(歯がしみたり、ときどき痛みが出ることもある)

■治療法
  1. 樹脂で埋める
  2. 一度型を取ってから、金属や樹脂などを歯に嵌め込む

C2虫歯に関する詳しい解説は、「C2虫歯の画像・写真・症状」にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

C3とは……症状・進行度・治療法

■症状:虫歯が進行して、歯髄(歯の神経)まで達したもの
(お湯がしみたり、夜眠れないほどズキズキ強い痛みが出る)

■治療法
  1. 一度型を取ってから、金属や樹脂などを歯に嵌め込む
  2. 金属やセラミックなどを歯に被せる

C3虫歯に関する詳しい解説は、「C3虫歯の画像・写真・症状」にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

C4とは……症状・進行度・治療法

■症状:虫歯が進行し、歯の頭の部分(歯冠部)が崩壊して根だけ残った状態
(痛みにならず比較的症状が落ち着いていることが多い)

■治療法
  1. 抜歯する
  2. 土台を作り被せる


以上、主な治療法は参考で、ケースバイケースとなります。 虫歯は進行すればするほど、治療の負担も増えていきますし、逆に早い段階で治療すれば、治療時間や治療費用も少なくすることが出来ます。

被せ物の種類や自費の詰め物・保険内の詰め物など、詳しい虫歯の治療については「虫歯の治療法」にまとめてありますのでこちらもあわせてご覧下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項