皆さんは虫歯の治療にいったいどれくらいの治療費がかかるのか、ご存知でしたか? 虫歯予防はは健康面だけでなく余分な出費を抑える効果もあるのです。今回は虫歯を費用の面から確認します。


小さな虫歯の治療費

真ん中の黒い部分が虫歯。このぐらいの大きさで発見できると時間も費用もそれほどかからない。

小さい虫歯は費用も少なく治療できる

 

小さな虫歯(ゴマ粒以下の大きさ)は、一般的には虫歯を取り除いた後、レジンという白い樹脂を歯に詰めて治療します。見た目の感じも自分の歯とほとんど同じように戻せる場合が多いようです。
  • 治療費の目安    1,300円~1,500円程度

  • (健康保険利用、治療回数2回、自己負担の割合3割の場合、その他の治療費を含めません。)


少し大きめの虫歯の治療費

大きさが大きくなると次第に金属のはめ込みを作るようになります

大きさが大きくなると次第に金属のはめ込みを作るようになります

歯と歯の間の虫歯が大きくなると詰め物だけでは欠けやすくなったりするのではめ込みの物を作ることがあります。これをインレーといいます。

健康保険で多く使用されているのは色は銀色で金属製です。歯と同じような色や耐久性を望むと保険外に…。


A. 治療費の目安    2,300円~2,800円程度
はめ込み式(インレー)は、材料と色で金額が変わってくることも…

はめ込み式(インレー)は、材料と色で金額が変わってくることも…


    (健康保険利用、色は銀色、治療回数2回、自己負担の割合3割の場合、その他の治療費を含めません。)

    B. 治療費の目安    25,000円~75,000円程度
    (健康保険一部利用、色は白(ハイブリットやポーセレン)、治療回数2回、自己負担の割合3割の場合、その他の治療費を含めません。)


大きな虫歯の治療費

大きな虫歯は痛みをとるのに神経を取ることが多い

大きな虫歯は痛みをとるのに神経を取ることが多い

虫歯が大きく、神経を取らなければならなくなると費用も期間も多くかかる様になります。神経まで虫歯が進むと痛みも強く、ズキズキして夜眠れない思いをすることもあります。

一般に奥歯は健康保険では銀色の被せ物が使用されます。歯の色と同じ色は健康保険が使用されません。


A. 治療費の目安    7,000円~8,500円程度
虫歯が虫歯が大きくなると被せることも…

虫歯が大きくなると被せることも…


(健康保険利用、奥歯、被せ物の色は銀色、治療回数3~10回程度、自己負担の割合3割の場合、その他の治療費を含めません。)

B. 治療費の目安    70,000円~150,000円程度
(健康保険一部利用、奥歯、被せ物の色は白(保険外のセラミック)、治療回数3~10回程度、自己負担の割合3割の場合、その他の治療費を含めません。)


治療費と虫歯の進行の関係

虫歯の進行と痛みについては以前の記事で紹介していますが、治療費との関係についても進行の程度が進むにしたがって費用もかかることが分かると思います。
  • 小さい虫歯      1,300円~1,500円程度    日数1日
  • 少し大きい虫歯   2,300円~75,000円程度   日数2日
  • 大きな虫歯     7,000円~150,000円程度   日数3~10日

同じ虫歯でも、小さい時と大きくなってから治すのでは、最高140,000円以上の差が生まれることがあります。注意しなければならないのは、これらの計算はあくまで1本の歯に対してのお話です。歯の本数は一般には28本あるので、虫歯の本数が多ければそれだけ費用の差額も大きくなることを考えなければなりません。

本当は虫歯にならないことが理想ですが、虫歯になってしまっても、自分で気づいたら痛くなるまで治療しないのではなく、なるべく早めの治療して治してしまうことが、痛みも費用もかからないといったことを覚えておくと良いでしょう。

※尚、料金については、虫歯の程度や、施設により異なります。あくまで参考とさせていただきます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項