オリゴ糖の特徴

蜂蜜にもオリゴ糖は含まれています。

蜂蜜にもオリゴ糖は含まれています。

オリゴ糖は、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の栄養とならないため、当初は虫歯の原因になりにくい甘味料として開発されましたが、様々な機能性があることがわかってきました。

オリゴ糖のなかには、パラチノースなどのように小腸内でも消化されるものもありますが、多くは小腸で消化されない、あるいは消化され難い性質があります。そのためエネルギーになりにくく、血糖値の上昇をゆるやかにします。

また腸内の善玉菌であるビフィズス菌の餌となり、また悪玉菌の増殖を抑えるといわれ、オリゴ糖は食物繊維とあわせて、腸内環境を健康的なバランスに改善・維持して健康の増進維持に役立つ「プレバイオティクス」としても注目されています。

ただし、どのオリゴ糖も、一度に摂り過ぎたり、体調によって、おなかがゆるくなるという注意点がありますので、気をつけて使用してください。

食品から医薬品、化粧品さまざまな分野に応用

こうした特徴を活かして、「虫歯の原因になりにくい」、「おなかの調子を整える」などの機能性を表示された特定保健用食品として数多く市場に登場していますし、他にもカルシウムの吸収を促す乳果オリゴ糖や、虫歯になり難いパラチノース、体脂肪がつきにくいコーヒーオリゴ糖、免疫増強が期待されるキチンオリゴ糖など、生活習慣病予防にも有用とされる新しいオリゴ糖が数多く開発されています。

またオリゴ糖は、甘味料としてだけでなく、分解・揮発しやすい成分を安定化する作用もあり、飲料や菓子、ジャムなどの加工食品への利用、またブロイラーの飼料に配合されたり、さらには部屋の匂いを軽減するスプレー式消臭剤、医薬品、塗料等、様々な分野に応用されています。

参考
農林水産消費安全技術センター
日本食品機能研究会
健康食品の安全性・有効性情報
独立行政法人 農蓄産業振興機構
その他