5.希望ははっきりと

たとえば、「2日後にどうしても抜けられない会社の会議があるのでとりあえず、2日間だけはどうしても入院できません。」「1週間後に海外旅行に行く予定があります。できれば、キャンセルはしたくないです」などと、希望・状況ははっきりと伝えましょう。

どうにもならないこともありますが、それによって治療計画を変えたりする事が可能なこともあります。
ただ、無理な場合はいさぎよく諦めることも重要ですが…

6.その他伝えるとより良い事

飲んでいる薬の名前、その症状で受けている治療、今までの手術・大きな病気の経験、家族の病気や死因、アレルギーの有無、生活習慣、職業、喫煙歴、飲酒歴など

上記のようなことは、聞かれたらすぐ答えられるようにしていただくと、話がスムーズにいくのではないかなと思います。

いかがでしたか? ぜひ病院に行く際の参考にしてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項