麻疹の症状は発疹ですが、発疹が出てから診断しても、有効な治療方法はないのです。では前兆はないのでしょうか? 実は発疹の出る前、麻疹特有の一種の口内炎の時に診断すれば、理論的には症状を軽くすることができます。

一方、解熱剤は重大な副作用を起こすので使ってはいけません。周囲に麻疹の人がいる時は、発熱しても解熱剤は服薬しないで経過観察しましょう。


「発疹」は、麻疹vs免疫系の戦いの証拠

麻疹の診断は、麻疹の発疹が出てからされることが多いです。しかし、この発疹の意味は、潜伏期間中の、麻疹ウイルスと免疫系の小勢り合い(具体的には発熱)を経て、最後の決戦に及んでいる状況です。通常は免疫系の勝利で終わります。その後、数十年に渡り、免疫記憶が維持されるので、なかなか麻疹の再感染は起きません。

麻疹を二度やっていると思い込んでいる例では、風疹を麻疹と取り違えている症例が多いです。風疹を麻疹と思っていると麻疹に感染するので注意が必要です。


治療対象の発疹前に有効な方法は……?

kopilik_spot
発疹の前に一種の口内炎が起きます。
発疹前に口腔内にはKoplik Spotと呼ばれる炎症反応が起きます。理論的にはこの口内炎があって発疹がまだ出ていない時期なら、麻疹に対する抗体価が高い血液製剤を投与することで麻疹の症状が軽くなります。しかし成人の場合はこの小さな口内炎を見落とす可能性が高く、しっかりしたタイミングで十分量の血液製剤を用意するのは難しい話です。

ではこの口内炎よりも前に何か症状はないのでしょうか? 呼吸器系から侵入したウイルスが血液中に入り、ウイルス血症を起こしている時期。この時期は自覚的には、頭痛、腹痛、関節痛など、他覚的には、発熱が認められます。しかし他のウイルス感染による症状と区別ができないので、麻疹とは診断することができません。

この時期にうっかり解熱剤を使っては大変なことになります。

>>次ページでは、麻疹の時の恐ろしい解熱剤の副作用について解説します。>>