3月15日までに確定申告のある人はしなければなりません。こどもの医療は、地方自治体によって乳児医療などがあり、自己負担が少ないのですが、成人になると、自己負担や病院通院にかかる費用が出てきます。
そこで、今回はファイナンシャルプランナーとしての知識を併せて、アトピーを含む医療費の確定申告についてご説明します。


確定申告

所得税は、確定申告が原則です。その例外が、源泉徴収です。源泉徴収の場合は、給与所得から概算の税金が天引きされ、年末に、配偶者控除・扶養控除などの控除が得られ、所得税が確定し、その時点で、確定申告をする手間が省けることになります。一方、給与所得者でも、確定申告をしなければならない場合もあります。
  • 給与年収額2000万円を超える場合(2000万円なら申告不要)
  • 他に所得が20万円を超える場合
  • 2箇所以上から給与の支給を受けている場合
  • 医療費控除・寄付金控除・雑損控除・住宅ローン控除(適用を受ける初年度のみ)

  • に分けられます

以上のいずれかに当てはまる場合、給与所得者でも確定申告が必要になります。


医療費控除

まずは、医療費の金額を合計してみましょう
医療費控除を受けるには、確定申告が必要です。医療費控除とは、納税者本人か生計を同じくする親族などが支払った医療費・医薬品費を所得から控除するというものです。
控除金額は、最高額が200万円です。
  • 控除額=
    支払った医療費-保険などで補われる額(医療保険の給付金・高額療養費・出産一時金など)-10万円
  • 合計所得金額の5%

のいずれか低い方の額。

つまり、多くの人は、10万円以上の医療費は所得から控除されます。
それでは控除の対象となる医療費とは、どのようなものなのでしょうか。


医療費控除の対象となる医療費

  • 医師や歯科医師による治療のために、直接必要な費用(実際に窓口に支払った額)
  • あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などに支払う費用
  • 保健師、看護師、准看護師などに支払う療養上に必要な費用
  • 助産師に支払う分娩介助にかかる費用
  • 治療に必要な医薬品の購入代金
  • 医師の治療を受けるために必要な最低限の交通費
  • 医師が発行した「おむつ使用証明書」があるおむつ代
  • 入院費用に含まれる食事代

  • など

これらの費用は、払った日がその年内であることが必要です。つまり、2005年12月30日に入院して、2006年1月4日に退院した場合、入院費用を1月4日に支払えば、2006年の確定申告つまり、2007年2月から3月に確定申告することになります。


医療費控除の対象とならない医療費

一方、医療費控除の対象にならないものがあります。
  • 健康診断・人間ドックの費用(ただし、検査で病気が発見され、治療を行った場合は、健康診断・人間ドックの費用は控除対象になります)
  • 医療機関まで電車やバスなどの公共機関があるにもかかわらず、タクシーを利用した場合のタクシー代
  • 近視・老眼のための眼鏡代
  • 栄養ドリンクや健康増進剤、サプリメント、医薬品以外の漢方薬の代金
  • 美容・整形のための費用
  • 希望による個室料(差額ベッド代)

  • など



次のページでは、アトピーでの医療費対象をご紹介します。