アメリカの糖尿病者が一番愛用している栄養補助食品はニンニク。たぶん、ニンニクが心臓を守るご利益を期待しているのでしょう。しかし、血液の凝固を遅らせる効果があるのでほどほどに。また、すでに血栓防止のための「ワーファリン」やアスピリン療法をしている人は重複するので食べ過ぎてはいけませんよ。

ニンニクは人類を救う?

ニンニクは人類を救う?

ピラミッド建設の労働者にニンニクとタマネギを配給した古代エジプト文明を始めとして、人類はニンニク賛歌をずっと歌っています。精力剤としては万国共通ですし、ある時はドラキュラ除けのお守りとして、また、しわ(皺)の予防から糖尿病までの万能薬としても使われます。ロシアの民間療法では抗生物質の扱いだそうです。

最新の薬学や医学の分野でも研究が続けられています。たしか、タケダの「アリナミン」も名前からしてニンニクとビタミンの組み合わせのようですし、ガン予防が期待できる食品を集めた「デザイナーズ・フーズ」のピラミッドでも、ニンニクは最上位にランクされています。

ニンニクの何が有効成分なのかいろいろな説があります。よく耳にするのが「アリシン」ですが、生(なま)ニンニクの重量の1/4以上を占める多糖類(ガーリックシュガー)だという論文もあります。
[Journal of Agricultual and Food Chemistry 1997,11月号]

アメリカ化学学会が発行している同誌によると、ニンニクに含まれている"ガーリックシュガー"とは、無臭のほのかに甘い結晶として取り出せる水溶性ファイバーの一種です。これが悪玉コレステロールを下げて心臓を守る、虫歯予防血糖改善、カルシウムなどのミネラルの吸収を高めてくれるといいます。

もちろん水溶性ファイバーですから善玉腸内バクテリアを増やして身体を守ってくれますし、大腸ガンの予防にも役立っているようです。

生(なま)で食べるのが効果的ですが、胃にも刺激が強すぎますし、満員電車の隣人の息の臭さは頭が痛くなりますね。サラダボールの内側をニンニクでこすって香りをつけると、フランスの田舎の野趣に富んだ野菜サラダができますよ。この程度なら翌朝は大丈夫です。

どなたか、ガーリック大好き人間の糖尿病者がいたら、ぜひ血糖自己測定をしてみてください。いい結果が出たら私も真似をしますからご一報を。
関連リンク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項