フレンチフライだけでなく、すべての揚げ物のオイルを替えるので、ヘルシーになるのは間違いありません。しかし、どんなオイルでもカロリーは同じなので肥満対策にはならないでしょう。
今年の3月に調査会社のハリスが行った結果では、25歳以上のアメリカ人の実に80パーセントがオーバーウエイトでした。1995年の時は71パーセントでしたので大変な増加です。
衣料品『プラスサイズ』の対応も大忙しとのニュースもあります。ブッシュ大統領も肥満戦争に宣戦布告をしましたが、はたしてどうやって国民のウエストを小さくするのでしょうか?

『人は食べるために生きるが、糖尿病者は生きるために食べる』という言葉があります。
1型糖尿病者の実感です。ご自身も1型のある1999年ミスアメリカの二コール・ジョンソンさんからファーストフードを愛用している話を伺ったことがあります。
その理由は、どの店でも同じカロリーと炭水化物の量なので、インスリン/炭水化物レシオが守りやすいということ。そして、待たされないのでインスリン注射のタイミングがぴったりあわせられるとのことでした。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項