今回の研究はアメリカの121,700人のナースが長年にわたって自分の食事やライフスタイル、病気などを定期的に報告している『ナースのヘルススタディ』からの分析で、1980年から1996年までのデータです。
糖尿病のあるナースが5,103人いたのですが、魚を多く食べる女性ほど心臓病や死亡率が低いことが明らかにされました。

魚と男性はどうでしょうか?
こちらにも耳寄りな話があります。前立腺ガンのリスクを減らしてくれるのです。これはスエーデンの研究ですが、動物性の飽和脂肪酸を減らして魚と全粉穀物、野菜主体の食事にすると前立腺ガンが減りました。今年(2003年)の始めに同じくハーバード大学からこの研究を支持するデータが発表されました。
魚を多く食べる男性と、めったに食べない男性を比べてみると44%もサカナ組の前立腺ガンが少なかったのです。
EPA、DHAには前立腺ガン細胞の生長を抑える作用があるのでは、と考えられています。

魚の恵みはよく分かりましたから、海洋汚染と乱獲から守らなくてはなりませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項