医師が知りたいことがたくさんあります。前もって答えを用意しておくといいですね。

  • いつ、どこで糖尿病と診断されましたか?

  • そのきっかけは何ですか?

  • 現在の高血糖の症状はどうですか?(喉が乾く。水をたくさん飲む、尿がたくさん出る、疲れやすい、急にやせてきた、手足のしびれ、目の異常──なんとなく見えにくい etc.)

  • 今までの治療の記録はありますか?なにか薬を使いましたか?

  • 親、兄弟などの糖尿病の家族歴はどう?親族に心臓病や腎臓病がありましたか?

  • 食事に注意していること。アルコール、煙草はどうですか?

  • 意識してエクササイズに取り組んでいる?

  • 出産時のベビーの体重は?(女性の場合)

  • ブドウ糖負荷テストを受けたことある?

  • 血中脂質のテストはしてますか?

  • 心臓病や高血糖のトラブルがありましたか?

  • 常用している薬、サプリメントがありますか?

    医師との信頼関係を築こう!

    新しい医師が調べるデータ(血糖値、A1C、血圧、血中脂質、尿タンパク)はその時の瞬間風速なのです。ですから前の治療データを持参しましょう。
    でも医師の机にドサリと山積みしてはいけません。読む時間がないのですから。医師から問われたことだけを答えるように。

    いかがですか?このくらい質問してくれるとうれしいですね。信頼してもいいかも……

    医師は大体において聡明な人が多いのですが、欠点としては自分より上の人が世間にいかに多いかを知らないのです。もっと患者を信頼すべきなのにね!
    だから、僕らの方が答えを準備しましょうね。なんと言っても医師に正しく伝えなくてはならないのですから。
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項